舞台「殺し屋にくびったけ」リレーインタビュー ラム役 鉢嶺杏奈

舞台「殺し屋にくびったけ」が7月8日から12日まで、新宿のシアター・サンモールで客席を半分にして公演される。

出演は「世界ふしぎ発見!」のミステリーハンターや女優として活躍する鉢嶺杏奈、ジュノンスーパーボーイコンテストにてグランプリ、その後「仮面ライダー ドライブ」「花ざかりの君たちへ イケメン☆パラダイス2011」など数多くのドラマに出演の上遠野太洸、その他「ごくせん」でおなじみの脇知弘、中村龍介など豪華メンバーが出演。また、元AKB48で現在女優として活躍の多田愛佳、2.5次元舞台「イブステ」で人気の岩佐祐樹、話題になったドラマ「3年A組」に出演の西本銀二郎など今話題のメンバーが揃った。

7月8日の公演を前に出演者リレーインタビューを実施した

<あらすじ>
殺し屋として次々と殺しを重ねていく女、ラム。そしてBAR「ミスシオン」を根城にしている殺し屋集団。
ある日ミスシオンに2人の刑事がお客としてやってくる。そしてラムに恋をしてしまう刑事の亀山。
二人の結末は…。そして2人にはある共通点が…。

–鉢嶺杏奈の自己紹介と役どころ
ラムは、殺し屋であることを隠しウエイトレスをやっているキャラクターです。自分はこれまで殺し屋の役をやったことないので、みなさんとコミュニケーションとりながら、年も上なので(笑)。 お姉さんっぽく出せればなと。

–意気込みは?
実は、自分に通じるところがあまりない気がするんです。どう演じるか考えているところです……。何回か公演されている舞台ですが、私らしいラムが演じられたらなぁと思います。実は舞台自体が2年ぶりなんです。芝居の期間がすごくあいたので戻ってきたぞと! しかもコロナ明け、すごい縁だなと思います。まだ稽古前ですが、この厳しい時期に吊り橋効果で団結してやっていくのは良いのかなと思っています。

–舞台ではココを見て
殺し屋ということで人殺、世間的には悪というポジションなのですが、悪は悪なりの信念がある、善と悪なんて紙一重だと……葛藤を感じてもらえれば。誰もが悪と思っていることを正義でやりぬくということはあると思うんです。信じられるのでは!?という仲間がいて、恋をするところと、葛藤を今手探りで、みえない所とを積みあげられれば良いかなと……、こういう正義も悪もあるよなぁとお客さんに思ってもらえれば。

–どんな方に観てもらいたいですか
この時期ですので、最近ちょっと外へ出てエンターテインメントを観ていないなぁ~と思っている方に。家のひとり時間で、映画やドラマを楽しむのも良いですけど、外に出て感激するエンタメを楽しんでもらえればなと。

–稽古やキャストの秘話
中村(龍介)さんにはこないだ初めて会ったときに「ハンター」って呼ばれましたね(笑)。『世界・ふしぎ発見!』(TBS系)ミステリーハンターをやっているので。

<プロフィール>
鉢嶺杏奈(はちみね あんな) 1989年7月19日 東京都出身

【ニックネーム】普段は「あんちゃん」とか「はっちー」と言われています。

【自粛期間中は何を?】ロケがなかったので家にいて、部屋をめちゃめちゃキレイに掃除していました。ずっと雑巾がけして、あとは料理したりハーブ育てたりとか。自粛期間中に普段やらないことをやろうと思ったんですが、結論として普段やらないものは時間ができてもやらないというのがわかりました(笑)。刺繍のセットを出して刺繍をやろうと思いましたがやらなかったですね……。

【コロナ騒動が解消されたら何をしたい!】ピクニックとかホームパーティーをしたいです、友達呼んで。あとはハイタッチしたいですね、ボーリングとかカラオケなどで騒いで。

【愛用品】愛車、自転車です。「パナソニック EZ」を相棒と呼んで走り回っています。