新ドラマでイメチェンしそうな福士蒼汰

俳優の福士蒼汰が、9月にスタートするフジテレビ系ドラマ「DIVER-潜入捜査班-」に主演することを、一部スポーツ紙が報じた。

記事によると、同ドラマは、漫画家・大沢俊太郎氏の漫画「DIVER-組対潜入班-」が原作。

福士演じる黒沢兵悟は、10代の頃は窃盗や暴力事件の常習犯だったが、高いIQや判断力、身体能力が認められ、兵庫県警に秘密裏に設けられた潜入捜査官チーム(通称・D班)の一員に。

兵悟が悪の組織に潜入して情報や証拠をつかみ、手段を選ばず、暴力的かつ冷徹に犯罪者に立ち向かう姿を描くという。

舞台は神戸市で、全編関西ロケで撮影。福士は初めてのダークヒーローを演じるというのだ。

「昨年公開の映画『ザ・ファブル』では、殺し屋を演じ、主役のV6・岡田准一と壮絶なバトルを繰り広げた福士。将来的な海外進出を目指し、英語と殺陣・アクションを磨いているというだけに、新ドラマでの演技とイメチェンに期待したいもの」(テレビ誌記者)

数年前は映画「好きっていいなよ。」、「ストロボ・エッジ」、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」など主演した恋愛映画がことごとく当たった福士。
その後は「無限の住人」、「曇天に笑う」、「BLEACH 死神代行篇」、「カイジ ファイナルゲーム」などに出演。仕事選びに関して“脱・恋愛映画”の路線がうかがえた。

「もともと、岡田とは映画『図書館戦争』シリーズで共演。アクションや格闘技に関して“弟子入り”を果たすことになった。そのため、年齢を重ねて制服姿の高校生役が厳しくなり始めたことも“脱・恋愛映画”にシフトするきっかけになったのでは」(芸能記者)

ドラマが好評ならシリーズ化もありそうだ。

View this post on Instagram

「DIVER-特殊潜入班-」 カンテレ・フジテレビ系にて 9月火曜21時〜放送開始致します!! 今回、潜入捜査官・黒沢兵悟を 演じさせていただくことになりました! 彼の内側に刻まれた“漆黒”のような世界を、 自分自身演じながら見つけていけたらと思います。 作品を通じて「悪」とは何か「正義」とは何かを 考えて頂くきっかけになれたら嬉しいです! 重厚でありながらも エンターテイメント性の高いドラマに仕上げられるように頑張っていきます。 暗闇にDIVEするかのような、 先が予想できない潜入捜査を 楽しみにしていてください! よろしくお願いします👍🏻 #DIVER #特殊潜入班 #D班 #黒沢兵悟 #グランドジャンプ

A post shared by 福士蒼汰 (@fukushi_sota_official) on