次なるCDデビューが期待されるドラマ主演のグループ「美 少年」

ジャニーズJr.内の6人組ユニット「美 少年」が、7月スタートのテレビ朝日系ドラマ「真夏の少年~19452020」でグループとして連ドラ初主演を務める。

各スポーツ紙によると、同ドラマは、関東の地方都市のベッドタウンに暮らす6人の高校生たちが、ある日、終戦間際の大宮島(現在のグアム島)からタイムスリップしてきた軍人と出会うところからスタート。

それぞれに事情を抱えた高校生たちと、彼らと行動を共にする1人の軍人を通じ、本当の幸せ、本当の自由とは何かを問いかける青春ヒューマンコメディーだという。

「まだ、それほど一般的に知名度がない同グループだけに、ドラマ主演の抜てきはテレ朝にとって大きな賭のはず。ただし、その“賭け”に勝てばグループは大きく成長できるはず」(テレビ誌記者)

ドラマ内でメンバーの岩崎大昇はリーゼントヘア、佐藤龍我が金髪、浮所飛貴がクールなヤンキーの3人組、那須雄登は絵に描いたような優等生ながらヤンキーに憧れを抱く生徒会長、藤井直樹と金指一世は、それぞれ化学オタクとマンガオタクの双子を演じるだけに、それぞれの個性が発揮されそうだ。

同グループはもともと、16年11月に「東京B少年」として金指以外の5人で結成。17年4月に金指が加入。18年11月に「Sexy美少年」に、さらに19年1月に現在のグループ名に改名した。

18年の改名は公式サイトで発表されたが、故ジャニー喜多川氏から突然「ユーたちはもう美少年だから」とメンバーに告げられたという。

ジャニー氏からも目をかけられていたが、現在はJr.を統括する滝沢秀明副社長の直轄。そのため、次に期待されるのはCDデビューだ。

「今年1月、Jr.内グループのSixTONESとSnow ManがCDデビュー。滝沢社長は今後もほかのグループをCDデビューさせる方針。メンバーたちがスキャンダルを起こさなければ次は美 少年がデビューするのではとささやかれている」(音楽業界関係者)

CDデビューに向けドラマで名前と顔を売りたいところだ。

*画像イメージ