おぎやはぎ・矢作兼、渡部に付き従っていたピン芸人を心配「いけちゃんがね…」

25日深夜放送の『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)で、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、アンジャッシュ渡部健の弟子のようなポジションだったピン芸人・いけだてつやの今後を心配した。

番組で矢作は、渡部の活動自粛の影響で大変な思いをしている芸人として、いけだを紹介した記事の話を、相方の小木博明としていた。

いけだは渡部がナビゲーターをしていた『GOLD RUSH』(J-WAVE)にレポーターとして出演しており矢作は「渡部さんのもう弟子みたいな感じだから。高校野球のデータ集めたりとか」と語った。

矢作のよると、もちろん食事などもよくいけだは連れて行ってもらっていたらしく「まあ、本当に可愛がってもらってた後輩だと思うんだけど。まあ渡部さんが売れて、いけちゃんを引っ張り上げるじゃないけど。そういうのをね…」と話した。ただ、渡部が諸問題により活動自粛に入ったということで「渡部さんがああなっちゃうと、いけちゃんがね…」と今後の仕事がどうなるか不透明な点を心配したのだった。

小木も「本当に力はあるんだけどね、いけちゃんは」と評価する。矢作も実力は認めつつも「いけちゃん面白いけど、この世界、面白いからって売れるわけじゃないから。いけちゃんに手に職をね、やっぱりつけさせないとって思って」とコメント。「俺の行きつけの美味しい中華料理屋さんで働いてもらって、味を盗めと(笑)」と矢作がよく訪れる中華料理屋を紹介したと明かしたのだった。

なお、いけだは現在その中華料理屋の餃子を作れるまで技術を習得しているとのこと。