新ドラマで存在感を発揮しそうな瀬戸康史

女優の多部未華子主演のTBS系ドラマ「私の家政夫ナギサさん」が、来月7日から放送を開始することが先日、公式サイトで発表された。

同ドラマは当初、4月14日にスタートする予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で撮影が中断し、放送開始日が延期となっていた。

同作は、独身のキャリアウーマン・メイ(多部)がおじさん家政夫を雇うことから始まるラブコメディー。「スーパー家政夫」の鴨野ナギサを大森南朋、メイとは別の会社のライバル社員で、メイとの恋を予感させる田所優太を瀬戸康史が演じる。

「ドラマを盛り上げて行くには、瀬戸のポジションの役が一番の要。“体温”が低そうな役から、情熱的な役まで幅広く演じ分けることができるので、好演が期待される」(芸能記者)

05年7月、「第2回D-BOYSオーディション」で準グランプリを受賞。同年12月にD-BOYSに加入し、芸能界デビューを果たした。

06年に人気の舞台「ミュージカル テニスの王子様」で青春学園テニス部・菊丸英二役を演じ注目を浴び、08年、平成仮面ライダーシリーズの9作目となる「仮面ライダーキバ」(テレビ朝日)の主人公・紅渡/仮面ライダーキバ役を務め、知名度を上げた。

11年にNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」に森蘭丸役で出演し時代劇に初挑戦。映像作品での活躍のみならず、7年には主演舞台「関数ドミノ」の演技で「第72回文化庁芸術祭」の演劇部門新人賞を受賞した。

さらに、14年1月24日放送のABCテレビ「D-BOYS 10th Anniversary Project ショートフィルムフェスティバル」で15分のショートフィルム「10年目の告白」の初監督をつとめた。

今後、演者としてのみならず、クリエイターとして活躍する機会もありそうだ。