大河ドラマ「麒麟がくる」で今井翼の出演シーン大幅アップの可能性!

元ジャニーズタレントの今井翼が大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK)で毛利新介役として出演。その演出などが「華麗だ」と話題になったが、この反響の大きさにNHK局内でも「今井の出番が増えてもいいのでは」との声が上がっている。

第21回で放送された「決戦!桶狭間」では、桶狭間の戦いが描かれた。この回で話題騒然となったのが、今井だった。片岡愛之助演じる今川義元を討ち取る瞬間には、驚異的な跳躍力で飛び上がる今井をローアングルから撮ったかと思えば、次には愛之助の瞳に、迫り来る今井の姿が反射して映っているという見事な演出。ある芸能関係者は「この演出にネット上では『このアクションはすごい』『最高にかっこいい』と大絶賛でした」。

視聴者のこの反応に敏感に反応したのがNHK。「今井の出演回数を増やしては」との声も局内から出ているという。

そもそも今井が演じた毛利新介という武将は桶狭間で今川義元を討ち取るということで名をはせた武将だが、その後、織田信長が全国統一に向けて動いていく過程では、そこまで多くの活躍の場があるわけではない。前出の関係者は「毛利新介はドラマのクライマックスになるであろう、本能寺の変で信長の嫡男である信忠に付き従い討ち死にをするという形でしか出てこないのです。ただ、それだけではもったいないという声が局内で出ているんです。これまで『麒麟』は神出鬼没の岡村隆史が話題をさらったことがありましたが、スキャンダルがあった手前、露出を大幅に増やすわけにもいかない。だったら、新たな“スター”をということで視聴者の反応のいい今井をもっと押し出してはどうかという声が出てきているんです」。

現在の「麒麟がくる」の視聴率は15~16%と近年の大河の中でもかなり高い数字でここまで来ている。「今井効果でさらなるアップも見込みたいという思惑はあるでしょうね」(同関係者)。所属事務所を変えた今井にとっては躍進の一作となりそうだ。