ロバート秋山 コロナ禍自粛生活でタイヤマルゼンのCMにハマる「天然モノのいいやつ」

9日放送の『DAYS』(ニッポン放送)で、パーソナリティの中川家と、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次が、コロナ禍でハマったCMについて語った。

番組では今回「エンターテイメント復活 DAYS!」と題し、ゲストとして秋山が登場し、中川家の剛・礼二と新型コロナウイルスの感染が拡大し、緊急事態宣言が発令された後の様子などを話していた。

秋山が自粛生活中にハマったものが、らっきょう漬けとCM観察だそうで、らっきょうに関しては「食べたらふわっとしてて『なんじゃこのらっきょう!』ってなって」と語った。

CMについては、礼二が「企業系とかだとタイヤマルゼンとかも」と、カーポートマルゼンのCMについて触れると、秋山も「タイヤマルゼンは久しぶりにいいの出ましたね。あれはどっちなんか知りたいですね、本気のやつなのか、ちょっとそっちのテイスト狙っているのか」と声を弾ませる。

礼二や秋山は、観察した素人をネタの材料にすることも多いということで、素人参加のCMには興味津々の様子だ。剛が「あれ、一番中央にたってるのが副社長らしいですよ」とCMに出演しているのが、副社長だと説明すると、秋山は「じゃあちゃんとした天然モノの大事ないいやつですね!」と喜んだ。

秋山は役者じゃない人が出演するCMが大好きなようで「役者さんが入ると、グイッて力入っちゃうから。現場も…」と話し「あ~いうCMになると、ちゃんと右左、左右対称に活かすというルールね。『右いったらですね、今度左に行きましょう!』っていうリハが見えるんですよね『左!左!左!』(笑)」と魅力を説明。その後も、3人で現場の様子を楽しそうに想像していた。

参考動画