人気作品『花男』に挑む杉咲花の女優魂

女優の杉咲花(20)が、4月スタートのTBS系の主演ドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」の役づくりのため、髪の毛を30センチカットしたビジュアルが各メディアで公開された。

同作は、05年に女優の井上真央(31)、嵐の松本潤(34)らでドラマ化された漫画「花より男子」の続編でセレブが通う名門校・英徳学園を舞台にした青春ラブストーリー。

各メディアによると、杉咲は“隠れ庶民”の女子高生・音を演じ原作漫画を再現するため長髪をバッサリと切り、初めて前髪も作る意気込み。

また、「花男」で井上が着た制服と同じデザインの衣装も披露大感激していたという。

「井上が演じたドラマがあまりにも人気だっただけに、オファーを受けるにあたっては相当なプレッシャーがあったはず。しかし、若手女優にもかかわらず、かなりプロ意識の高い杉咲はオファーを受け、真摯に役づくりに取り組んでいる。当たれば杉咲にとっての代表作になりそうだ」(テレビ局関係者)

子役時代は別の事務所に所属していた杉咲だが、女優の志田未来(24)に憧れ中学時代に志田の事務所のオーディションに応募。

味の素「Cook Do」のCMでお笑いタレントの山口智充(48)と共演し、回鍋肉を食べる美少女として話題になった。

その後、映像作品を中心に仕事をこなし、16年公開の映画「湯を沸かすほどの熱い愛」で主演の宮沢りえ(44)の娘役を演じ数多くの映画賞を受賞した。

「撮影中、宮沢から女優としてステップアップするために必要なことを多く学んだそうです。たしかに、同作以後、作品に取り組む意識がかなり高くなったそうで、『花男』は井上以上に体当たりで演じてくれそうです」(映画ライター)

杉咲のとっての“勝負作”になりそうだ。

*画像 杉咲花(@hanasugisaki)のInstagramから https://www.instagram.com/hanasugisaki/?hl=ja

関連記事

ページ上部へ戻る