オリラジ藤森 リモート飲み会のやりすぎで「生身の人間に会いたい!」

27日放送の『なな→きゅう 8時台』(文化放送)で、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾が「生身の人間に会いたい」とチャラ男ゆえの切実な悩みを明かした。

番組の「あの有名人に、おはようテレフォン」コーナーに電話でゲスト出演した藤森はアンタッチャブルの柴田英嗣や上田まりえアナウンサーに最近の様子などを語った。

新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が解除されたということで、藤森は「午後からありがたいことに、お仕事もちょっとあって、徐々に番組の収録とかも再開してまいりました」と日常に戻りつつあることを報告し、柴田も「ようやくスタジオも動きだしてきたよね」と話した。

また柴田が「お家にずっといることも多かったでしょ? 今回は」と質問すると藤森は「いやあ、多いですよ! 1ヵ月半チャラ男にはもうホント大変でしたよ!!」と訴える。

藤森は自粛期間中、自宅で行えるあらゆる活動をしたそうだが「一番多かったのは、リモートでいろんな人と夜な夜な飲み会したりとか……」とリモート飲み会が最も多かったと話す。しかし、リモートでのやりとりも限界がきているようで、藤森は「遂にね、リモートでも会ってくれる人いなくなってるくらい…2、3周しちゃいましたから。やっぱ外に出たいですよ。生身の人間に会いたい!」と切実な思いを打ち明けた。