オリラジ藤森 Zoom劇場『オンラインノミ2』に「刺激になりました」

21日、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾がTwitterを更新し、コロナ禍に考え出された、新たな演劇のスタイルに感心したと明かした。

藤森は脚本家、演出家で芸人でもあるA・ロックマンが作・演出を手掛けたZoom劇場『オンラインノミ』の追加公演『オンラインノミ2』の公演をニュースで知ったそうで「ニュースにつられて観劇しました!」とTwitterに投稿した。

同演劇はオンライン会議ツールであZoomを使った演劇で、一作目は4月26日から5月16日まで配信された、2作目となる『オンラインノミ2』には、中冨杏子、加藤亜実、今安琴奈、上田操、兵藤美帆らが出演し、自宅からリモートで役を演じた。常に劇場の最前列にいるような臨場感が特徴で、飲み会に参加しているような不思議な共有体験も味わえると、ネットを中心に話題となっていた。

藤森もZoomも使った演劇の可能性を感じたようで「面白かったです。カタチを変えていろんなエンタメをお届けする。とても、刺激になりました。オススメです!」と感想を描き込んだ。