テレビ並のぶっちゃけトークが期待される尾上松也

歌舞伎俳優の松本幸四郎が、イープラス有料視聴チケット制のライブストリーミングサービス「Streaming+(ストリーミングプラス)」で、オンライントークショーを行うことになった。

各紙によると、歌舞伎家話ビデオ通話でゲストと対談を行い、その様子を自宅から生配信。さまざまなゲストを招いて歌舞伎について語り合うという。

29日の午後8時から配信の初回ゲストは尾上松也で、テーマは「凄艶(すごつや)」。チケット(税込1000円)はイープラスで19日から発売されるという。

「これまで『艶やか』の話題も多かった松也だけに、かなりぶっちゃけたトークが期待できそう。幸四郎がいかにそのあたりを上手く引き出すかにも注目」(演劇担当記者)

父は六代目尾上松助、母は元新派女優の河合盛恵の松也は、1990年(5月、5歳の時に東京・歌舞伎座で父・松助の襲名披露に併せ、二代目尾上松也として初舞台を踏んだ。

早くから映像作品には進出。これまでNHK大河ドラマは「八代将軍吉宗」(1995年)、「葵 徳川三代」(2000年)、「天地人」(09年)、「おんな城主 直虎」(17年)の4本に出演している。 2014年ごろからは、端整な容姿と涼やかなよく通る声を生かしてバラエティー番組などにも進出し一気に知名度がアップ。同年のNHK紅白歌合戦のゲスト審査員を務めた。

そして、この4月からは、フリーの宇賀なつみアナと酒を飲みながらトークと楽しむテレビ朝日系の「川柳居酒屋なつみ」に「たまに来る常連客」としてレギュラー出演中だ。

「同番組で松也は、歌舞伎の昼公演が午前11時からなのに、10時まで飲んでいたことがあったことを暴露した。まさに歌舞伎界の異端児」(芸能記者)

どんなぶっちゃけトークが飛び出すか松也に期待だ。