テレビ界でも注目の「NO GOOD TV」

新型コロナウイルス感染拡大の影響で赤西仁と錦戸亮の共同プロジェクト「N/A」の初ライブが中止になり、変わって2人が立ち上げたYouTubeの公式チャンネル「N/A」の登録者数が50万人を突破した。かなりハイペースでの登録者数の増加に、テレビ界が大注目している。

赤西と錦戸は4月9日に「NO GOOD TV」をスタート。アメリカ在住の赤西と、東京の錦戸をオンラインでつなぐリモート形式で対話する形でスタートした。開設初日に登録者数が10万人を突破するなど、スタートから話題になった。「ジャニーズ事務所の退所組ということもあって、テレビではなかなか見る機会のない2人だけに、動いている、話している彼らを見て、ファンになった、ファンに戻ったという人は多いはず」とある業界関係者。

ファンの多い2人だが、50万人を突破したのは、配信している内容の面白さにつきる。赤西は自分の人脈を使って、山田孝之、小栗旬をゲスト出演させ、4人で行ったオンライン飲み会の模様は大きな話題になった。

「先月の24日に投稿された4人のオンライン飲み会は相当盛り上がりましたし、ネットでも『神回だ』と絶賛する声が上がりました。この盛り上がりにテレビ業界も注目していた、同じようなことができないかと模索し始めているんです」とはある制作会社関係者。

現在は新型コロナの影響で、ドラマは再放送続きで、バラエティーも新たなものが収録できない。前出の関係者は「2人の『NO GOOD TV』はそれこそ、そのまま番組にしても面白いんじゃないかという声も上がるほどです。だから、こういうような仲間内でのタレントのリモート飲み会の番組があっても面白いかもという話にはなっています。さすがにジャニーズを辞めた2人を出演させるというのは厳しいかもしれませんが、この2人だからこそ、成り立つ部分もありますからね」。

この2人が新風を巻き起こすかもしれない。(二浦誠)

https://www.youtube.com/channel/UCy5YRlHRDW3y-N5aIzABo9Q