いよいよCDデビューで大ヒットが期待されるキンプリ

キンプリことジャニーズ事務所の6人組グループ「King&Prince」が23日、シングル「シンデレラガール」でCDデビューを果たした。

そして、同日発売の情報誌「an・an」(マガジンハウス刊)の表紙を飾った。

「同誌において、新人がデビュー日に表紙を飾るのは、創刊48年、2103号の歴史で初。表紙以外にも『最強の出会い!』をテーマにした12ページの巻頭グラビア企画を展開しています。ジャニーズ事務所としては、ジャニーズWEST以来、4年ぶりのCDデビューとあって、いかにジャニーズが力を入れているかがわかります。同誌の編集部としても並々ならぬバックアップ体制です」(出版関係者)

デビュー曲は、メンバーの平野紫耀が出演するTBS系ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」の主題歌としてすでに知れ渡っている。

さらに、CDデビューにあたり力を入れているのが紙媒体での露出。

テレビ誌、ファッション誌、女性誌のみならず、ファン層は講読していないであろう、「サンデー毎日」(毎日新聞社)や「週刊朝日」(朝日新聞出版)の表紙も飾っている。「ジャニーズのファンはスポーツ紙から雑誌までイチ押しのタレントやグループが掲載されている媒体はことごとく購入します。今回のような露出の場合だと、自分の親に『サン毎』や『週朝』の購入を頼んでそれで親がキンプリの存在を知るという効果があるのではないでしょうか」(同前)

25日にはテレビ朝日系「ミュージックステーション」に登場。

オリコンシングルランキングの初登場1位の座はゆるがないはずだが、果たしてどのぐらい売り上げるのかが注目される。(山田一郎)

関連記事

ページ上部へ戻る