KAT-TUN亀梨和也が“カッコいい”と評判のCM!モチーフはソロコン

アース製薬より販売されている「アースジェット」のCMのメインキャラクターがKAT-TUNの亀梨和也になった。同CMでは、長らく郷ひろみがコミカルに害虫の歌を歌い踊っていた。

亀梨も同じコミカル路線なのかと思いきや、ファンでなくとも「アースジェットのCM誰? カッコいいんだけど」「亀梨が無駄にカッコよくハエを倒してる」と話題になっている。

ファンの間では、CMを見た瞬間、「これはソロコンに似てるのでは?」と思ったのではないだろうか。KAT-TUNの充電期間中の昨夏から、亀梨はソロコンサートツアー「KAT-TUN KAZUYA KAMENASHI CONCERT TOUR 2017 The一 ~Follow me~」」を行った。

ジャニーズ事情通は「全国19か所43公演を実施。ドームクラスではなく、小規模のホールクラスを回り、ファンとの距離感が近かったこともあり、新鮮だと評判でした。オーラスでは亀梨の地元でもあり、幼稚園の時のお遊戯会で立った場所『江戸川区総合文化センター』で、キャパが1500人。その公演だけは8000円程度のチケット代が数十万で取引されるほどのプレミアムチケットになったほどです」と語る。

そのコンサートとアースジェットの関係は?

「CMの監督さんが亀梨のソロコンの演出を見て、このCMができたんです。この好評だったソロコンサートも現在は映像化が未定なんです。グループが再始動したばかりだから、映像化は時期を見ているようです。しかし、ファンは一刻も早い映像化を切に願っており、SNSで呼びかけたり、事務所へ要望を出したりしています」と同事情通。

数十秒のCMで、カッコいいと言わせ、新規ファンも開拓している亀梨。そのCMのアイディアの素になっているソロコンを、是非とも映像化をしてほしいところだ。(二浦誠)

*画像イメージ

関連記事

ページ上部へ戻る