冠番組でメンバーたちの“素顔”をのぞかせるSexy Zone

人気グループ・Sexy Zone(セクゾ)の新冠番組「Sexy Zoneの進化論」(毎月第2、第4金曜・後11時30分)が、スカパー!オンデマンドとCSフジテレビTWOで、今月10日から放送・配信されている。

番組は、マリウス葉が今月30日で20歳を迎えてメンバー全員が20歳を超えることにちなみ、ダンディーな大人へと進化すべくさまざまなことに挑戦する、という成長ロケ・バラエティー。

第1回放送では、ファッションディレクター・干場義雅氏を招き、高級すし店でのダンディーなふるまいを学ぶ。また、レギュラー放送開始に合わせ、メンバーが出演する番組告知CMが全国でオンエア。

CMのテーマは「いつから大人だったんだろう?いつまで子どもだったんだろう?」。今年、デビュー10周年を迎えたメンバーたちが、自然体で語り合う姿が計5パターン用意された。

「パフォーマンスもさることながら、コンサートでのMCも、かなりなめらかなセクゾのメンバーたち。本来ならば、もっとブレイクしてもいいはずで、このご時世でなかなかロケ企画は難しいが、メンバーたちが“素顔”をたっぷりのぞかせている冠番組をきっかけに人気・知名度をアップさせてほしいもの」(芸能記者)

セクゾは先日、所属レコード会社の移籍を発表。11年11月のデビューからポニーキャニオンに所属していたが、ジャニーズ事務所とユニバーサルミュージックが新たに設立するレーベルに移籍することになった。

その第1弾作品として、新曲「RUN」をリリース。同曲は、Sexy Zoneの中島健人と「King&Prince」の平野紫耀がW主演する、初回放送が延期になっているの日本テレビ系ドラマ「未満警察 ミッドナイトランナー」の主題歌として使用される。

「今後は、日本国内だけでなく、本格的な海外進出も視野に入れて活動していくためにレコード会社移籍を決断。コロナの騒動が終息したら、本格的に始動することになりそうだ」(レコード会社関係者)

さらに高く羽ばたいてほしい。

*画像イメージ