イケメンファンの“夢”をかなえるバトル映画が公開決定!

EXILE、三代目J Soul Brothersらが所属するLDHの人気グループ・GENERATIONS の片寄涼太(23)らが出演する映画「PRINCE OF LEGEND」が、19年春に東宝の配給で劇場公開されることを、一部メディアが報じた。

記事によると、同作はドラマ版と劇場版がいずれも話題になった「HiGH&LOW(以下ハイロー)」シリーズをプロデュースしたチームが立ち上げた新企画「プリンスバトルプロジェクト」の劇場版。

ドラマ、ゲーム、ライブ、イベントなどメディアを横断して展開されるプロジェクトで、いわば「ハイロー」の“王子様版”といえる内容だというのだ。

ストーリーは、片寄演じるのセレブ王子・朱雀奏が率いる「Team 奏」、劇団EXILEの鈴木伸之(25)演じるヤンキー王子兄・京極尊人が率いる「Team 京極兄弟」ら個性豊かなチームがバトルを展開。

GENERATIONS、THE RAMPAGE のメンバーらのほか、モデルの清原翔(25)、「仮面ライダーエグゼイド」の飯島寛騎(21)、「獣電戦隊キョウリュウジャー」の塩野瑛久(21)ら今を時めくイケメンが集結するという。

「これまでなら手堅い東宝は手を出さなかったようなジャンルの作品。しかし、『ハイロー』で松竹が当てたのを見て、勝負に出る気になったのでは。出演者それぞれかなりのファンがいるので、ある程度の動員によるヒットが期待できる」(映画業界関係者)

「ハイロー」の公開後は、作品の世界観とステージをコラボさせたライブ、全国の他会場での出演者たちの舞台あいさつ、関連グッズ販売など話題が沸騰。作品を盛り上げたが、「PRINCE OF LEGEND」が公開される来春は日本列島でフィーバーが巻き起こりそうだ。

(C)「PRINCE OF LEGEND」製作委員会

関連記事

ページ上部へ戻る