志村けんさんの後継者になった嵐・相葉雅紀

新型コロナウイルスによる肺炎のため、先月29日に亡くなった志村けんさん(享年70)が司会を務めていた、日本テレビ系バラエティー番組「天才!志村どうぶつ園」が、タイトルを変更せずに継続することが決定した。

各スポーツ紙によると、2日には、都内の同局スタジオで4日放送の2時間特番の収録が行われ、内容を変更した特別編として、出演者が志村さんの映像とともに追悼する形式となったという。

プライベートでも食事をする仲だった嵐・相葉雅紀は、涙ながらに「これからも園長の遺志を継いで頑張りたい」と決意を表明したという。

動物をこよなく愛した志村さんの遺志を継ぐ意味も込めて、次回以降も番組タイトルをそのまま残し、出演メンバーも変えずに継続することが決定。飼育係の相葉や、“秘書”の山瀬まみら、役職もそのままにするとみられているというのだ。

「事実上、相葉が志村さんの後継者になった。今年いっぱいでの活動休止を発表している嵐だが、グループの活動休止後も相葉にとってライフワーク的な位置付けの番組になりそう。今後も、長年、志村さんの冠番組を残してほしいものだ」(日テレ関係者)

千葉県生まれの相葉は、1996年にジャニーズ事務所に入所。ジャニーズJr.時代から人気を集め、99年に嵐のメンバーとしてデビューした。

多忙をきわめたせいか、02年3月、肺気胸のため入院を余儀なくされた手術を受け、全治1ヶ月と診断されたが、5日で退院。さらに、11年6月末、胸の痛みを訴え再度入院。翌日には「左自然気胸」で、1週間程度入院の必要ありと診断され7月4日に退院し仕事復帰した。

以後は体調不良を訴えることもなく、グループ以外に俳優やMCとして活躍。複数のCMにも出演しているだけに、国民的人気者だった志村さんの後継者にふさわしい人材だ。