社会派ドラマでの新境地開拓が期待されるNEWS・増田貴久

NEWSの増田貴久、女優の橋本愛、松本まりからが27日、都内で行われたWOWOW「連続ドラマW パレートの誤算~ケースワーカー殺人事件~」(3月7日スタート)の完成報告会見に出席した。

同ドラマは、作家・柚月裕子さんの小説を原作にした社会派ミステリー。増田は、主演の橋本演じる牧野聡美が勤務する市役所の福祉課の同僚・小野寺淳一を演じる。

小野寺は牧野とともに、生活保護利用者と直接向き合い、突然起こった殺人事件や、さまざまな人間模様に巻き込まれていくという役どころだ。増田が橋本と共演するのは今回が初めてとなる。

「スポンサーを気にせずに作品が作れるWOWOWだけに、かなりリアリティーのある作品。そんな社会派ドラマで、増田の俳優としての意識は変わるのでは」(テレビ局関係者)

各スポーツ紙によると、会見で松本が、撮影の際に喫煙シーンのリハーサルで、誤って自身の髪に火が移ったことを告白。増田は、松本が手で火を振り払ってそのまま演技を続け、橋本も表情一つ変えずに続行したことに触れ、「『女優すげえ!』と思った。松本さんも橋本さんもそのまま続けていた。こっちは『水!水!』って感じだったのに…」と感心していたという。

NEWSといえば、一時期、メンバー3人が立て続けに不祥事を報じられたことがあったが、増田は“無傷”。ほかのメンバー3人は個性が強く、どうしてもその陰に隠れがちだが、同ドラマでは存在感を見せてくれそうだ。

「もともと、ほかのメンバーたちから信頼されている。今回、俳優として新境地を開拓し存在感をアピールすれば、今まで以上にメンバーたちから一目置かれることになりそうだ」(芸能記者)

NEWSにとって必要不可欠なメンバーだ。

*画像イメージ