ジャニーズ事務所の期待を背負って復活したKAT-TUNに注目!

あの人気番組、通称「タメ旅」が「KAT-TUNの世界一タメになる旅+(プラス)」(5月3日スタート)で復活する。

「タメ旅」とはKAT-TUNの冠番組「KAT-TUNの世界一タメになる旅」だ。KAT-TUNが天の声の指令でさまざまなことにチャレンジする番組で、KAT-TUNの素顔が垣間見れる人気番組だったが、メンバーの脱退もあって2年前に終了した。

あるテレビ雑誌の表紙に「KAT-TUN」「タメ旅」の文字を見つけたファンが「タメ旅復活?」とSNSで拡散され、正式発表前に知ることとなった。

「もしかして明日からのライブで発表だったのかな?」「明日のドームで、メンバーからお知らせされても、初見のように反応すること!」と拡散も同時にされていた。

東京ドームでは「KAT-TUN LIVE 2018 UNION」(4月20日~22日)が開催された。そして、初日の20日、メンバーから正式に「今日が充電完了日」と発表されドームは歓喜に沸いた。それと共に「タメ旅」の復活が発表されたわけだ。

ところが、会場のファンは「初見のように反応」どころか、別の意味でざわついた。テレビ番組ではなく、ネット配信であることが発表されたからだ。テレビでやらないということは、視聴率が取れないのか? スポンサーがつかないのか? とファンが心配したのだ。

しかし、テレビ関係者は「それだけジャニーズ事務所、そしてテレビ局がKAT-TUNに期待をしているんですよ。ジャニーズがネット解禁し、ネット時代を見据え、ジャニーズ初の試みをKAT-TUNは行っているとうことです。LIVEではファンイベントを生配信。今回のライブではグッズ購入をスムーズにするため、グッズ購入のためのアプリを取り入れた。今回『タメ旅+』を配信するネット配信番組『Paravi』はTBS、テレビ東京、WOWOWを含む計6社が共同で行う動画配信サービスですから」と指摘する。

実際、Paraviにはテレビ局、電通と博報堂という大手広告代理店が出資。ネット配信ではNetflix、Huluが先行する中、ParaviはTBSらの有り余るドラマコンテンツを配信する「最大級の国内ドラマアーカイブ」がウリだ。

そのParaviにジャニーズから最初にKAT-TUNが選ばれたということで、復活したKAT-TUNの今後の飛躍に期待しかない。(二浦誠)

関連記事

ページ上部へ戻る