夏の24時間テレビまでに大幅露出アップのジャニーズ・Sexy Zone

日本テレビの夏の恒例番組「24時間テレビ 愛は地球を救う」のメインパーソナリティーを務めるジャニーズの「Sexy Zone」が思わぬところで苦戦を強いられているという。

1月に早々に司会と発表された「Sexy Zone」。中島健人、菊池風磨、佐藤勝利、マリウス葉、松島聡からなる5人組のグループで紅白には5年連続で出場している。「ようやく知名度も上がってきたというところですが、それでも『24時間テレビ』の司会は大抜擢と言っていいでしょう。それだけジャニーズはこのグループを推しているという現れでしょうね」とはあるテレビ局関係者。

ただ、推しているからといっても、現実はなかなか厳しいものもあるという。「今年のスクールカレンダーですよ。3月に発売になったんですが、期待値の割には伸び悩みになったそうです。意外と評判倒れなんじゃないかともいわれてしまい、24時間テレビで起用した日テレの幹部たちは視聴率は大丈夫かと大慌てになっているそうです」とは前出のテレビ局関係者。

それでもテレビなどの露出が増えれば人気が上昇カーブを描くというのも世の常。1月からは中島が「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ)の「グルメチキンレース・ゴチになります!」のレギュラーになり、佐藤はドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」(日本テレビ)で準主役と露出度を大幅アップさせている。「女性誌などでも何度も特集が組まれています」(出版関係者)というから、夏には「起用してよかった」というグループにまで成長しているはずだ。(二浦誠)

関連記事

ページ上部へ戻る