関西ジャニーズジュニア「なにわ男子」が激アツ! 関ジャニ∞大倉忠義のプロデュース力のすごさ!

関ジャニ∞の大倉忠義がプロデューサーとしての腕をメキメキ上げているという。関西ジャニーズジュニアの「なにわ男子」は、もはや大倉なしでは語れない状態だというのだ。

西畑大吾ら関西ジュニアの7人を集めて結成されたなにわ男子。関ジャニの横山裕とともに大倉は彼らのプロデュースに携わっている。昨年には全国ツアー「なにわ男子First Live Tour 2019~なにわと一緒に#アオハルしよ?~」も成功させた。

あるテレビ局関係者は「このツアーファイナルが今年1月5日の大阪城ホールで行われたんですが、ここに大倉のプロデュース力のすごさの一端を垣間見せたんです」と言う。

最後の曲前で、昨年のコンサートからこの日までの映像とともに大倉のコメントが入ったVTRが流れたという。

「メンバーにも内緒の〝サプライズ〟で、メンバーはそれを見ながら号泣。感動のフィナーレだったんです。それに、コンサートではマスコミの取材対応もあったのですが、テレビ局のリポーターの質問にも、大倉が『この質問には〇〇が答えて』といった指示もしていたそうです。メンバーの良さを引き出すのが大倉流のプロデュースなんですが、そのプロデュース力もあって、なにわの人気はうなぎ上りですし、メンバーも大倉のことを信頼しきっています。事務所内でもプロデューサーとして一目置かれる存在になっているそうです」と同関係者。

今年は「SixTONES」と「Snow Man」がデビューしたこともあって、なにわ男子のデビューはまだ先といわれているが、デビュー前に単独のツアーも成功させてしまう彼らの勢いは止まらない。(二浦誠)

*画像イメージ