前作を上回る“王子旋風”が巻き起こりそうなイケメンぞろいの新作映画

男性7人組グループ・GENERATIONSの白濱亜嵐と片寄涼太が13日、東京・代々木第一体育館で行われたW主演映画「貴族降臨-PRINCE OF LEGEND-」(河合勇人監督、3月13日公開)の完成披露試写会&ファンミーティングに出席した。

同映画は、“伝説の王子”を目指すイケメン高校生たちの戦いを描いたシリーズの劇場版第2弾で、“貴族”と呼ばれるNo.1ホストのドリー(白濱)と、“伝説の王子”となった奏(片寄)が、それぞれの正義をかけてバトルを繰り広げる物語。昨年3月には「王子が大渋滞」をコンセプトにした映画「PRINCE OF LEGEND」が上映されていた。

「昨年の映画版に片寄が出演していたが、やや集客に苦戦してしまった。しかし、今回は白濱が“参戦”。前作を上回る“王子旋風”が巻き起こることになりそうだ」(芸能記者)

各スポーツ紙によると、ホスト役とあって、白濱は「ホスト界の帝王」と呼ばれるROLANDをイメージして役作りをしたそうで、「頭の回転も速いですし、対応力についてぜひ話を聞いてみたいです」とROLANDとの対面を熱望。

また、クライマックスでは、2人がフェンシングで対決しており、白濱は「大変だったけれど、あそこまで真摯でクールなスポーツはない」と笑顔。片寄は「今年はオリンピックイヤーでもあるので、フェンシングの盛り上がりに注目して」と呼びかけたという。

「今作がヒットすれば、おそらく映画版第3弾も公開されることになりそう。GENERATIONSのコンサートチケットは入手困難なほどの人気ぶりなので、映画のイベントは生でメンバーを見れるファンにとっては貴重な機会」(同)

 白濱の役作りの成果が注目される。 *画像イメージ