ドラマ終了後にオファーが殺到しそうな朝ドラで注目の俳優・松下洸平

放送中のNHK連続テレビ小説「スカーレット」で、ヒロイン・川原喜美子(戸田恵梨香)の夫・川原八郎役を演じている俳優・松下洸平が28日、大阪・住吉大社で行われた「文化財防火デーに伴う消防総合訓練オープニングイベント」で、一日消防署長を務めた。

一部スポーツ紙によると、松下は、消火にちなみ、自身の消したいものを聞かれると、「撮影中に髪を切りすぎて、(物語が)つながらないっていう…。後ろの数ミリのつもりが、思いのほかザックリ」と明かし苦笑したという。

八郎役は、さわやかながら男らしい気質。女性ファンが多く、ツイッターでは、ハマっていることを意味する「沼」を使って、「#八郎沼」とするハッシュタグが発生するほど。そのため、同日も多くのファンが見守ったというのだ。

もともとシンガー・ソングライターとして活動し、08年にメジャーデビュー。09年までに3枚のシングルをリリース。

その後、音楽活動を休止して俳優業に専念。何度もオーディションに落選し、「縁がない」と諦めかけていたところで今回、念願の朝ドラのオーディションに合格したというから、なかなかの苦労人だ。

「苦労人という要素も女性ファンたちのハートをガッチリつかむ一因になっているのでは。舞台経験が豊富で演技力はかなりのもの。戸田の信頼も厚く、戸田の好演を支えているようだ。朝ドラの男性キャストでは、15年の『あさが来た』のディーン・フジオカ以来のブレイクになりそう。ドラマ終了後のオファー数が注目されることになりそうだ」(テレビ誌記者)

今後、ドラマ出演のオファーはもちろん、CMやイベントへの出演、さらに、もともと音楽活動をしていたこともあり、歌手として音楽番組へのオファーもありそう。

五輪イヤーを代表するブレイク俳優の1人となりそうだ。(編集部 竹田)

*提供画像