【ドラ恋インタビュー】若菜「どんな時も傍にいて声をかけてくれる人、優しい人なんだって思う」

AbemaTVの、恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのかを描くオリジナル恋愛リアリティーショーの新シーズン『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』が、いよいよ1月25日、夜11時より放送される。

この番組は、若手俳優が、毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく様を追いかける、恋愛リアリティーショー。全12回の番組放送において、番組内の恋愛ドラマで主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。役を勝ち取る為に、回ごとにペアが変わる相手役と稽古を重ねながら、台本に用意されている様々なキスシーンを演じていく。

今シーズンでは男性3名(南北斗、千綿勇平、井上佑)、女性3名(日比美思、若菜、木村葉月)という構成からスタートし、1話から12話の間に追加メンバーが発表される。いつどのタイミングで追加されるかが分からない未だ見ぬ新メンバーの登場によって、さらにかき乱される若手俳優たちの素の姿や、激動の展開に注目が集まる。

◎初めまして
若菜、26歳です。お芝居経験はほとんどないですけど意欲的に頑張りたいと思ってます……はい。

◎ドラ恋への意気込み、見どころ
やっぱり、恋愛とお芝居、どっちも全力で挑むって事って初めてですし、年齢は26ですけど、今まで恋愛が多いワケではないので初めて尽くしかなって感じなので、逆に無理せず気負いせず、0から吸収していってみなんから刺激をもらって恋愛もドラマも全力で頑張れたらいいなと思ってます。
この間、先生がワークショップを開いてくださって、初めてお芝居で叫んだり、怒ったり、泣いたりして自分がここまでの感情になれる事を体験したので、その経験が活かせればと思います。

◎男性にこんな事されたら惚れてしまう
自分が落ち込んでいたり滅入っているときに、傍にいて声を掛けてくれたら、すごい救いになるかなって思うし、優しい人なんだって思う。

◎本人プロフィール
若菜(わかな)
【ニックネーム】わかな、たまに「ワッキャーナ」ってふざけて呼ぶ人もいる。
【生年月日・出身地】1994年1月14日・福島県
【休日はこんな過ごし方】サウナに行く。スーパー銭湯に一日居れるタイプです。身体の中の水分をリセットしてリフレッシュするのが私のストレス発散です。サウナの入り方は、(温度にもよるが)6~7分を10セット。もちろん水風呂に入る為に頑張っている。結構ストイックですよ(笑)アルコールは絶対飲みません(ウフフ)。
【スマホに入ってるお気に入りのアプリ】youtube。好きな動画のジャンルはファミリーチャンネルとか、くだらない実験している動画。最近はカジサックチャンネルが好き、子供が可愛くて……ほっこりします。
【愛用日】紫色のアイテム