ついに高校野球にも進出したジャニーズ事務所

人気グループ・嵐の相葉雅紀(35)が、テレビ朝日系「第100回全国高校野球選手権記念大会」のスペシャルナビゲーターに就任し、先日、都内で会見を行った。

会見で相葉は、「ずっと『熱闘甲子園』のお仕事がしたいと言っていたんです。光栄です」と笑顔。

もともと野球少年だったそうで、高校野球好きの祖父と地方大会の球場にたびたび足を運んでいたとか。昨夏もプライベートで甲子園を訪れて生観戦したという。

相葉は、地方大会の結果を伝える「速報!甲子園への道」と、8月5日開幕の全国大会に密着する「熱闘甲子園」への出演が決定。夏の甲子園の魅力や選手の思い、感動を伝えるというが、取材に出る可能性もあるというのだ。

「相葉本人は取材に出かけることにかなりノリノリだというが、人気者だけにあっという間に周囲に人だかりができてしまうだろう。そのため、どこに取材に出かけるかじっくり下調べする必要がありそうだ」(テレ朝関係者)

ジャニーズといえば、KAT-TUNの亀梨和也(32)が8年連続で日本テレビ系プロ野球中継の「ベースボールスペシャルサポーター」をつとめている。

また、元SMAPの中居正広(45)は国別の野球世界一決定戦「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」にて2大会連続で「公認サポーター」をつとめたが、高校野球には絡んでいなかった。

「今後、相葉よりももっと若い世代のグループを投入すれば、若い年代の女性たちがもっと多く高校野球に注目するようになるのでは。相葉で“成功例”ができれば、続々とジャニーズ勢が投入されそうだ」(スポーツ紙記者)

相葉の熱血リポートに期待したい。(竹田次郎)

関連記事

ページ上部へ戻る