キンプリ・永瀬廉 ラジオ番組でのトークで癒されると話題

King&Princeの永瀬廉がパーソナリティを務める「Radio GARDEN」(毎週木曜日、文化放送)の永瀬の声が癒されると話題だ。番組は「お城の中庭で王様が優雅におしゃべり」がコンセプト。

永瀬は女性ファッション雑誌「ViVi」で恒例となっている「国宝級イケメンランキング 2019年下半期」では、「全角度国宝級認定」で3位だった。

イケメンのうえ、声までいいとは……。

先日の番組には、ファンからのメールで「ツアーお疲れ様でした。オーラス公演では新潟に来ていましたね。新潟はお米が有名ですが、お米が大好きな廉くんは新潟でどのくらいお米を食べましたか? やはり新潟のお米はおいしかったですか? 廉くんのお米トークを聞かせてほしいです」とあった。

永瀬は「お米ね。この前無事に新潟をやり切って。何食いに行ったっけ? すき焼きかな。すき焼きといったらお米との相性はばちこりと合うので、まぁ2、3杯はいってるでしょうね。なんかね、やっぱ気持ちが違った。おこめから伝わってくるもんが違った。新潟は違ったね。食べて欲しそうっていうか。他のお米よりいつもより気持ちを込めて食べさせていただきました。ふっくらさも違ったきがした。新潟におじいちゃん、おばあちゃんが住んでるから、結構リアルにお米頼もうかなと、その考えが浮かぶほどおいしかった」と話した。

さらにその祖父、祖母についてこう語った。

「ツアーのラストが新潟で、じいちゃんとばあちゃんと母親がきて。で、客席行ったんですね、アンコールで。で、一番前に座ってたから、おじいちゃんとハイタッチした。しっかり。母親とおばあちゃんもぉって、全員とハイタッチしたかな。嬉しそうな顔してたおじいちゃん。多分、このラジオを聴いてくれてたら、この話をしたことで、余計に喜んでくれてるだろうね。家に結構おれの雑誌で、取材の時のソロのピンナップとか飾ってくれてるみたいなんですよ」

イケメンで癒しボイスで、さらには家族を大事にしているように、内面もイケてるようだ。

ジャニーズ事情通は「永瀬はイケメンでクールな見た目と違って関西弁を話すギャップ。しかし、永瀬の関西弁はコテコテじゃなく、ソフトな感じで柔らかく聞こえます。それが癒しなのかも。永瀬の出身地は東京でしたが、父親が転勤族だったため、引っ越しをすることが多かったようです。東京は3歳まで。その後北海道へ小5まで。それ以降は大阪。その大阪でジャニーズ事務所に入所し、関西ジャニーズJr.として活動していたんです」と指摘している。

*画像イメージ