FIZZYPOP(フィジーポップ)12・5ワンマンライブ「Our Parade」2019年の集大成を魅せる!

都内を中心に、大人っぽいセクシーなパフォーマンスと歌声で多くの女性を魅了する、4人組メンズダンスヴォーカルグループFIZZY POP(フィジーポップ)が結成2周年を迎え、12月5日、渋谷WWW Xで、2019年の集大成を魅せる”ワンマンライブを開催する。

ワンマンライブに向けメンバーの白水萌生、内海大輔、橋本汰斗、山下銀次の4人に意気込みや見どころ、今後の目標などを聞いた。

–月1の「HOME公演」ライブを行っているなか、さらに12月5日にワンマン決定となりましたが開催のきっかけは?
白水「僕たち毎年12月にその年の集大成のワンマンライブを開催していまして、今年はWWW Xなんですけど、1年目はWWWをsold-out出来て、2年目の去年がWWW Xで2デイズ、ちょっとキャパを上げた開催をしたんですけど結果的にsold-outできなくて、それもあり今年はリベンジという形で同じWWW Xで、1デイなんですけどsold-out目指して2019年の集大成を12月5日に持ってこようということで決定しました。また今年は発表も早い段階でして、この日に向け今年は突っ走ります。

–発表したのはいつですか?
白水「5月24日なんですけど、この日がFIZZY POPの2周年記念ライブがありまして、そのライブ中に発表させてもらいました。ファンの方にすごく喜んでもらえてすごく良かったです」

–今回のOur Paradeはどんなライブになるのでしょう
白水「Our Paradeというのが5月にライブで発表した新曲のタイトルにもなっていて“俺たちのパレード”という意味です。この曲は僕とFIZZY POPのトラックメイカー、トシ君と作ったんですけど、今までのFIZZY POPの集大成を詰め込んだ曲となっていて、僕らが会場でパフォーマンスすることをパレードに例えて、“Our“って中にファンのみんなも一緒に居て、スタッフさんも全員含めて『俺たちのパレード』という意味なんです。Our(アワー)も泡、炭酸にも掛けたりしていてFIZZY POPっぽいワードだったり、今までの曲のワードだったりを入れてして、2年から3年目になる年末に『俺たちの集大成を見せられたらな!』とそんな思いで“Our Parade”というタイトルに決まりました」

–ライブ時間はどのくらいを予定しているのですか?
山下「1時間半くらいはやりたいなぁと思ってます」
白水「3時間くらいやりたいけどね(一同笑)」
山下「僕たちはやっぱり歌って踊るのが見せ所なので、1時間半くらいが良いパフォーマンスを見せられると思います」
白水「去年も20曲くらい披露したよね、もう汗だくですね」
橋本「3曲やった段階から汗だくで、そこから持久戦ですね」

–見せどころはどんなところ
山下「メンバー個々がいろんなことをやっていて、俳優だったり、トラックを作ったり、詩を書いたり、歌を作ったり、振り付けをしたり本当に色んなことが出来るメンバーが集まってるので、今回は1人1本マイクを持って歌って踊るっていうのがベーシックなスタイルなんですけど、まぁ~今回は時間もたくさんあるので、もうちょっとエンタメに寄せられたらいいなと個人的には思っていて、ちょっとした小芝居なのか、面白いギミックを考えてぶち込んでいけたらなと考え中です」
白水「マンスリーライブもミニワンマンって形でお届けしてるんですけど、やっぱりコンセプトとかも含め全然違う、この日はFIZZY POPのすべてが見られるというか、個々の普段見られないパフォーマンスだったり、顔だったりも見れると思うし、衣装だったりセットも自分らで考えて華やかにして、ファンの皆さんの熱量がワンマンライブはすごく高めてくれるのでそういった一体感は良いところだなと思ってるんで、すごい楽しみにしてます」
山下「初めて見た人でも、歌もパフォーマンスも『すごいな』と思ってもらえるようなステージしたいですね」
橋本「最初のワンマンから、ステージセットとか拘っていて、規模感もあるんですけど、素舞台、『何もない』というところが普通だと思うんですけど。僕たちなりにステージに金網いれたり、ソファー入れたりドラム缶入れたりとか、ちょっとでも一つのライブというよりも、一つの作品として見てもらえる様な空気感、雰囲気、世界観を作れるようなことは毎回心がけていて、今回も“Our Parade”に因んで拘るつもりです」
山下「ヤシの木置きたい!(笑) と勝手に自分で思ってAmazonで値段調べてました」
橋本「毎回セットとかは、自分たちでデザインし、自分たちの仲間で準備してもらって、搬入とかも車を借りて自分たちで運転して、会場にも自分たちで設営するみたいなことを毎回やっていて、今回もそれでやる予定です」
山下「めっちゃ楽しいですよ」 
白水「打ち上げも搬出してから合流するんです。前回は汰斗くんと銀次が搬出してくれたんですけど、それが終わって打ち上げに戻ってくるんです」

–やっぱり打ち上げって楽しみの一つですか?
橋本「そうですね~」
白水「そうですね~、俺は楽しみです、スタッフさんとかと『あそここうだったよね』みたいな笑い話とかするのが」
山下「たしかに、次のやる気も起きるよね!もっとこうしたいとか、アイデアとかも生まれる」

–内海さんのMCはどんなプランがあるんですか
内海「まったくノープランですね、正直なんも決まってなくて。ライブが多くなってるんですけど、例えば、明日のライブで何かチャレンジしてみたりとかして、ライブ毎にチャレンジしたり、思いついた事を元々あったパフォーマンスにプラスして行ったり、それをワンマンに反映させたり、ワンマン用にパフォーマンスや曲を変えたりという発想が思いついたりするじゃないですか、でもあえて今出さないでワンマンまでメモして置いといてそこで盛り上がるように隠して持っとくというのは、日々の活動の中で意識してやっていることですかね。いつもやってる曲でもワンマンライブでは違うフリなのか、構成なのか、ファンの方が喜ぶ内容なのか、ビックリする内容なのかというのを、狙ってそこで出す!1年の走って来たものをすべてそこで見せる、毎年更新していく場所ですかね」

–衣裳やグッズは?
白水「まだ決まってないね」
橋本「今回の“Our Parade”のコンセプトとしては、衣装的に言ったらそれぞれ個々の色が強いところで結構カラフルな感じにはなって行くんじゃないかなと個人的には予想してます」
山下「ファンの方の楽しみの一つとしてオリジナルグッズを橋本汰斗がデザインしてるんです、毎月のマンスリーライブでも限定のグッズは販売してるんですが、お陰様でずっとsold-outになってて『すごい可愛い』って言っていただいてます」
橋本「12月のワンマンにはとっておきのやつを出すつもりです」

–ワンマンライブに向けて個人的な準備とかは
白水「あえて言うとしたら、ジムに行くんですけど、走り込みを増やします(笑)やっぱり体力勝負なんで、バテちゃうと嫌なんで」
橋本「ちなみに僕は、走り込んでいた時は一日10キロ走ってました(笑)」
白水「俺、基本的に3キロなんですよ(笑) 1キロ4分半のペースで…13分くらいで終わるんですよ」
内海「はやっ!意味ないやん」
白水「じゃ~それを10キロ目指して(笑)」
内海「僕は何か今まで見せてないものを……言っちゃったらネタバレになるのでワンマンまで秘密です」
山下「ワンマンに向けてというよりも、4人合同のダンスレッスンが始まって、この4人の空間が大事かなと思ってます」
橋本「トリッキングって競技をやり始めまして、アクロバットと格闘技の型が融合したような競技なんですけど、そんなのもワンマンで出せたらなと思ってます」

–今後の目標は
白水「僕たちはまだ正式なCDデビューはしていないので、来年絶対デビューはしたいなってところですね。CDショップに僕らのCDを並ばせたいし、Apple MusicにFIZZY POPが並ぶとか、そういう意味でもこのワンマンの日で今後の展開も左右されると思っているのでいい形で終わらせたいですね」

–最後にPRなどどうぞ
白水「マンスリーライブは月一でやっていて、初めてFIZZY POPを見る方でも、僕らの音楽がわかり易く伝えられてると思うので、ちょっとでも気になった方はマンスリーライブに是非来てください。また、大阪、名古屋中心に遠征も行けるようになりました。個人的には北関東を攻めたいんですけどね(笑)」

12月5日(木) Shibuya WWW X
『 FIZZYPOP ONE-MAN LIVE 2019 〜Our Parade〜 』
チケット一般発売 7/27~ 受付開始!!

関連記事

ページ上部へ戻る