男劇団 青山表参道X 第2回公演「エンドレスリピーターズ」飯島寛騎と奥野壮が楽しみ方を指南!?

オスカープロモーションの若手俳優で構成される「男劇団 青山表参道X」の第2回公演 「ENDLESS REPEATERS-エンドレスリピーターズ-」(7月20日より7月28日まで、品川プリンスホテル クラブeXで上演)に出演する飯島寛騎と奥野壮が同舞台の見所などを語った。

乃木坂46の舞台「じょしらく弐〜時かけそば〜」などを手がけた川尻恵太(SUGARBOY)が脚本・演出を担当する本舞台は、360度ステージを使った、笑いあり、涙あり、歌あり、ダンスありの完全オリジナル密室劇。

劇団メンバーはルビー(飯島寛騎、栗山航、小沼将太、立花裕大)、サファイア(西銘駿、塩野瑛久、村上由歩、松本健太)、エメラルド(定本楓馬、中村嘉惟人、湯本健一、長田翔恩)の3チームに分かれて、トリプルキャストで物語を演じる。日替わりゲストとして水江建太、奥野壮、岩田知樹らが出演。また、公演当日はファンへの日頃の感謝の気持ちも込め、出演者全員による舞台後のお見送りなども行われる。

–改めて今回の「エンドレスリピーターズ」見どころは?
飯島「今回トリプルキャストということで、さらにゲストも加わって1公演1公演ストーリー、キャラクターが一緒でも、演者が違うのでいろいろな演出が観れるんじゃないかと思います。だから来て頂いたお客さんは毎回毎回違う反応だと思うんですよ、自分自身も正直それを楽しみたいっていうのもありますし、会場が360度で死角がない状態で、どう身体を表現するか、そういう演じる自分の楽しみも多い作品だと思います」

–奥野さんは仮面ライダーと並行しての出演で大変ですね
奥野「そうですね(笑)」

–ゲスト出演というのはどんな?
奥野「ゲスト出演ですが、結構な分量があってビックリしました(笑)。ゲストが現れるところからの話の展開の持って行き方はすごく面白いなぁと思っているので、前半はみなさん笑顔で観られて、後半になるにつれてシリアスな雰囲気になっています。後半は見どころの一つですね」

–どんなところを楽しんでもらいたい?
飯島「繰り返される出来事をどう解決していくか、演じる僕らと、観てもらうお客様も考えながら一緒に謎解きをしていければ楽しめると思います」
奥野「あとセットが面白いと思います!僕たちのセットの使い方を、見てもらって『ここはこんな仕組みなんだ』と頭の中で想像してもらうと、楽しいと思います」

–最後にPRをどうぞ
飯島「前半はたくさん笑ってください」
奥野「僕たちもこれから稽古に真剣に取り組んで(17日現在)、面白いモノが創れるように、皆さんに楽しんでいただけるような公演になるように全力で務めてまいります、是非!観に来てください」

関連記事

ページ上部へ戻る