「男劇団 青山表参道X」栗山航&塩野瑛久&定本楓馬インタビュー 3人の中で一番モテるのは誰?

オスカープロモーションの若手俳優で構成される「男劇団 青山表参道X」の第2回公演 「 ENDLESS REPEATERS-エンドレスリピーターズ-」が7月20日より7月28日まで、品川プリンスホテルのクラブeXで上演される。

所属メンバーがルビー、サファイア、エメラルドの3チームに分かれ、トリプルキャストで、笑いあり、涙あり、歌あり、踊りありの完全オリジナル密室劇を演じる。脚本・演出を務めるのは乃木坂46の舞台「じょしらく弐〜時かけそば〜」などを手がけた川尻恵太(SUGARBOY)。日替わりゲストとして水江建太、奥野壮、岩田知樹らが出演し、公演当日はファンへの日頃の感謝の気持ちも込め、出演者全員による舞台後のお見送りなども行われる。

今回は本舞台でルビーで出演する栗山航、サファイアで出演する塩野瑛久、エメラルドで出演する定本楓馬に本作の見所などを尋ねてきた。

—— 今回の舞台は360度ステージで展開する密室劇とのことですが、どんな作品になるのでしょう。

栗山:詳しくはまだ話せないのですが、タイトル通り、何度も何度も繰り返されるスリリングな展開と物語を楽しんでもらえる内容になると思います。僕たち若手が舞台上で、苦しみ、悶える姿もたくさん見れると思います。劇団としては第2回公演で、成功させなければ次はないという気持ちで全員一眼となって舞台に挑もうと思っています。

—— 昨年の旗揚げ公演『SHIRO TORA ~beyond the time~』を経て、劇団としての手応えのようなものは感じましたか

栗山:旗揚げ公演の時に、僕自身はこの劇団はすごく面白いなと思いました。みんなのポテンシャルの高さ、やる気の高さもすごいんですけど、それぞれが個性をきちんと持っているバランスのとれたいいメンバーで構成されているなって。前回の公演を経て、みんなソロで活動していて、また今回、戻ってくるわけです。それぞれがこの一年で成長した部分、得た経験をどれだけ爆発させられるかが成功する鍵になると思います。

—— ルビーが飯島寛騎さん、栗山さん、小沼将太さん、立花裕大さん。サファイアが西銘駿さん、塩野さん、村上由歩さん、松本健太さん。エメラルドが定本さん、中村嘉惟人さん、湯本健一さん、長田翔恩さんというふうに3チームに分かれての舞台になります。

塩野:3チームで同じ役を演じた時に、それぞれ刺激を受け合って、どうその刺激を自分たちの中で消化させていくか。そういった部分も見所になると思います。観に来てくださる方には各チームごとの個性や特色を楽しんでもらえたらと思っています。

定本:前回と違って、チームが分かれて少数になったので、一人一人に当てられるものが多くなったと思うんです。その分プレッシャーみたいなものも感じますが、純粋にまずは作品を自分が楽しんで、それが伝わってお客さんにも楽しんでもらえたらなと思っています。

—— 舞台を少し離れて、役者としての3人のこれまでのキャリア、これからのビジョンなどについても伺いたいのですが。栗山さんはどのようにお考えですか

栗山:今まで俳優としてやってきて、自分というものがどういうものかっていうのを決めずにやってきたんです。決めてしまうと終わってしまうなって思っていたので。だから今間口を開けて、自分のやりたいことを決めずに、頂いた仕事を一生懸命やろうというのをポリシーとしてやっています。でも、もうそろそろ30歳になるので、自分のキャラや色をしっかり付けて、それが癖ではなく、味としてみてもらえるようになればいいなと思っています。僕にしかできない雰囲気が作れるような役者になっていきたいんです。だからこそ、30歳になるまではいろんな役を経験して、自分はどこにいるんだろうというのを探しながらやっていきたいです。

—— 塩野さんはどうですか。これまで活動してこられて、自身のキャリアに手応えのようなものを感じたりはしますか。

塩野:手応えはあります。僕は、お芝居がやっぱり大好きなので、そこが自分の一番の強みになっているのかなって。役と向き合うとか、作品について考えるという作業を楽しみながらやれるんです。楽しんでやった結果、現場にいる方たちにも「よかったよ」って声をかけてもらえるようになりました。それはものすごく嬉しいこと。役者冥利に尽きます。

—— 現在24歳。今後はどんなビジョンを持っているのですか。

塩野:役とは巡り合わせ。この役やりたかった、なんで俺じゃないんだろうって言うのが腐るほどある。全部やってみたいという気持ちがあって、周囲に嫉妬心を抱くこともしばしばあるんです。今後は役者の力を試されるような役にどんどん挑戦していきたいです。

—— 定本さんはどうですか。

定本:映像の仕事も舞台の仕事もどちらにも力を入れてやっていきたいです。今は映像の仕事が少ないので、映像に挑戦したいという気持ちがあります。映画がやりたいです。ひとつの役に時間をかけて臨めるような仕事をしたいです。

—— 3人の関係性についても聞きたいのですが、お互いをどんなふうに評価しているのですか

塩野:信頼していますね。(栗山は)芝居はもちろん、体の使い方身のこなし、殺陣とか、盗む部分がたくさんあります。あとは人柄です。安心感があって、通じ合えるなという部分もたくさんあります。表面的には違うかもしれないけど、根本は同じという感じがしています。楓馬も大好きで、よく飲みにいったりするんです。実はすごく心が熱くて、誠実で、あとは決断力というか、勇気のあるところが好きです。

栗山:あっきー(塩野)はすごく感情を出すのがうまいなって思っています。繊細なお芝居をするけど、計算深いとかそういうことは感じない。一緒にレッスンすると役者として勉強になる部分がいっぱいあります。ライバルでもあります。楓馬は知り合ってそんなに経っていないんですけど、お芝居が大好きなんだなって見ていて感じます。仕事人としてはすごく情熱のある、可愛い顔しているけど、男気のあるタイプだなって。

定本:旗揚げ公演のとき、塩野さんと一緒にいる時間が多かったんです。塩野さんは、真っ直ぐ心からぶつかってくれるタイプで、レッスンで一緒になったりすると、いい意味で緊張しますし、楽しいところはすごく楽しい。一緒にのみに行くと仕事の相談を良くします。栗山さんはいつも自然体で、自分も栗山さんと接するときは自然体で入れるような、不思議な空間を持っている方。結構かちっとしている方かと思ったら、はっちゃける部分もあったりしてすごく魅力的な方です。

—— 栗山さんは28歳。プライベートの面ではそろそろ結婚したいとか、そういうことも考えるんですか?

栗山:めちゃくちゃ考えますね。子供はやく欲しいって。早めに家庭を築きたいというのが小さい頃からの夢でもあるんです。

—— いいパパになりそうですね。

塩野:なると思います。もうパパ臭漂っています(笑)

栗山:いやいや(笑)

塩野:僕も結婚したいとか一切考えなかったんですけど、歳を重ねていくせいですかね、今はそういうことも少しずつ考えるようになりました。

—— 塩野さんはどういう女の子が合うんでしょうね。

塩野:どうでしょうね。すれていない子がいいです(笑)一緒に幸せになれる人じゃなく、一緒に不幸になれるような人と結婚がしたいんです。いい時に寄ってくる人はそれなりというか、ピンチのときは離れていくかもしれない。余裕とかお金とかそういうことじゃなく、心で見てくれるような、古風な考えを持っている女性のほうがいいですかね。

栗山:僕は理想とかそういうのはないです。本当にフィーリングです。一目惚れが全くないタイプなので、友達から積み重ねでこういう人なんだなとわからないと踏み込めない。相性がすごく大切です。

—— ちなみに3人の中では誰が一番モテるんですか?

塩野:誰だろう……(笑)

栗山:いやいや、あっきーでしょう(笑)

定本:栗山さんも強いでしょう。

塩野:でも、3人キャラクターが違うから比較のしようがない。3人集まると無敵かもしれないです。誰かにかかりそう(笑)

定本:僕がもし女性なら、つき合う相手は塩野さん。結婚するなら栗山さんですね(笑)

(取材・文:名鹿祥史)

関連記事

ページ上部へ戻る