GWまで続々と公開される注目のイケメンたちの主演映画

女優の桜井日奈子(20)と俳優の吉沢亮(24)がW主演した映画「ママレード・ボーイ」(廣木隆一監督、4月27日公開)の完成披露試写会が21日、都内で行われた様子を各メディアが報じた。

大ヒットコミックが原作の胸キュンラブストーリー。桜井は吉沢にキュンキュンした瞬間について、「たまにポロッと(地元の)岡山弁が出ちゃうとマネして和ませてくれた」と笑顔で話したという。

「『仮面ライダーフォーゼ』の2号ライダー役で名前を売った吉沢。2月に公開された、映画『リバーズ・エッジ』で二階堂ふみの相手役に抜てきされるなど、着実にブレーク中。『ママレード・ボーイ』では原作ファンも納得するであろう主人公を熱演しています」(映画ライター)

現在、福士蒼汰(24)主演の「曇天に笑う」が公開中だが、今後、GWにかけてイケメンの主演映画が続々と公開される。

今月24日にはNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で注目を集めた大野拓朗(29)が主演の「台湾より愛をこめて」、31日にはCDデビューが決まったジャニーズの新グループ「King & Prince」の平野紫耀(21)が主演の「honey」が公開。

4月5日には松坂桃李(29)が娼婦ならぬ「娼夫」を演じたR18作品「娼年」、20日には佐藤健(29)主演の「いぬやしき」、そして27日に「ママレード・ボーイ」と菅田将暉(25)主演の「となりの怪物くん」が公開される。

5月4日には嵐の櫻井翔(36)が主演し福士も出演する「ラプラスの魔女」が公開。

どの作品も多くの女性客が客席を埋めそうだ。

*画像 映画『ママレード・ボーイ』公式ツイッターから @marmalade_movie
https://twitter.com/marmalade_movie/media

関連記事

ページ上部へ戻る