平成の“イケボ俳優”武田航平の熱演に視聴者全員拳を突き上げる!?

イケメンとはおもに見た目のよさを言うものだが、なかには「イケボ(イケメンボイス)」という、声に注目の集まるイケメンも存在する。そんな声のよさが端正な顔立ちとあわせて注目されるのが、俳優の武田航平だ。

武田の声のよさをしっかり堪能できるのが、現在放送中の特撮テレビドラマ『仮面ライダービルド』(テレビ朝日系)の猿渡一海役。猿渡は仮面ライダーグリスに変身するのだが、変身中はライダースーツとマスクに身を包んでおり、当然顔が隠れてしまう。しかし表情が見えないぶん、美しい声がとても際立つのだ!

3月11日(日)に放送された番組内では、仮面ライダーグリスが敵討ちのために戦うシーンが登場するが、そのときの声の迫力や演技力に圧倒されたファンが多かった。

ネット上では「武田航平さんの感情がこもった迫真の声の演技!凄い。あのシーンは本当に感動した」「俳優さんなのに声の演技でこんなにも心火を燃やされたのははじめてなので全力で推させていただきますね!」など、賞賛の嵐。

個人的にも、バトルシーンを含めその前後の演技が特に胸に響いた。必ず敵を討つことを誓う鋭い目つきに、劣勢を強いられたときに奮い立とうとする叫び声やセリフ。覚悟と強い思いがにじみ出る演技に、ついつい見ているこちら側のテンションも高まっていく。

武田航平公式Instagramから

バトルに勝利したあと、変身をといて仲間の形見をせつない表情で見つめるシーンは、そのはかない雰囲気が激情的な戦闘姿とのギャップを感じさせられ、思わずグッと抱きしめたくなる瞬間だった。

武田航平は1986年1月14日生まれ、東京都出身。『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』(フジテレビ系)や『スミカスミレ 45歳若返った女』(テレビ朝日系)に出演、ほかにもラジオや映画、舞台など幅広い活動を行っている。

また、ゲーム『ファイナルファンタジーXII』(スクウェア・エニックス)では主役の声を務めており、声優としても確かな実績をもつ人物だ。

見た目だけでなく、声だけでもイケメンオーラを放つ武田航平。その魅惑のビジュアルと低く男らしい声で、今後も多くの人を魅了してもらいたい。

<本文/神之れい>

【画像】
武田航平公式Instagramから
https://www.instagram.com/p/BgKeOcUlkka/?taken-by=kouhei_takeda.official
https://www.instagram.com/p/BfDIu_oHvFE/?taken-by=kouhei_takeda.official
https://www.instagram.com/p/BgDkZ9-FIpb/?taken-by=kouhei_takeda.official

関連記事

ページ上部へ戻る