犯人役からヒーローもこなす!マルチな魅力の俳優・栄信とは

現在放送中の特撮テレビドラマ『仮面ライダービルド』(テレビ朝日系)に登場する怪人・キャッスルハードスマッシュに変身する「赤羽」が話題になっている。4日(日)に放送された番組内で、俳優の栄信ふんする赤羽は、決死の戦いに挑み悲しくも散ってしまったからだ。

作中では重要アイテム「パンドラボックス」の偽保管場所情報が流れるなか、赤羽は一人で本物のパンドラボックスを守っていた。そこへ、偽情報に騙されなかった仮面ライダーローグが目の前に現れ、バトルが勃発!

赤羽は怪人キャッスルハードスマッシュに変身し応戦するが、相手の戦闘力は高く苦戦を強いられる。
最後まで戦い抜く赤羽だったが、仲間が駆けつけたころで力尽きてしまう。そのときつぶやく最後のセリフは、感動必至。子どもだけでなく大人までも涙する名シーンとなった。

赤羽を演じたのは俳優の栄信。芸能プロダクション・オフィスエルアールに所属している。1985年7月29日生まれ、長崎県出身。身長は189cmとかなりの高身長なのが人気の理由のひとつ。特技は空手で、過去にはインターハイで5位という実績の持ち主だ。

テレビドラマ『全力失踪』(NHK BSプレミアム)や『闇金ウシジマくんSeason2』(TBS系)、映画『クローズEXPLODE』など、話題作に出演するだけでなく、最近はCMや舞台など、さまざまな活動をおこなっている。

『仮面ライダービルド』のほかにも、現在放送中の『アンナチュラル』(TBS系)第2話では難しい犯人役を熱演。また、特撮の現場は『仮面ライダービルド』が初めてではなく、2012年~2013年に放送された特撮ドラマ『仮面ライダーウィザード』(テレビ朝日系)にも出演した経験がある。

今回の放送では、瀕死の状態で感謝の意を述べる演技がかなり映えていた。三枚目でも二枚目でも、ここぞというときにはイケメンオーラを醸しだす、魅力的な俳優の栄信。

スラリとしたイケメン男子には、今後もさまざまな役にチャレンジしてもらいたい。

<本文/神之れい>

【画像】栄信公式Instagramと栄信公式Twitterから

関連記事

ページ上部へ戻る