少年達の熱い闘い! 舞台「DIVE!!」The STAGE!! 納谷健・瀬戸祐介・西野太盛インタビュー

水泳の飛込み競技に青春をかける少年たちを描いた小説『DIVE!!』(角川文庫刊)を舞台化させた「DIVE!!」The STAGE!! が、東京・シアター1010で10日間に渡って上演された。

本作は飛び込みのオリンピック代表選手を目指す中高生男子が、悩み葛藤したり、挫折や嫉妬しながらも一歩前に進もうとする青春時代の1ページを描いた演劇。

10月から始まる大阪公演を前に、キャストの納谷健(坂井知季役)・瀬戸祐介(松野清孝役)・西野太盛(辻利彦役)の3名に舞台の見所や大阪公演への意気込みを聞いた。

―― 自分の役柄を紹介してください。

納谷:作品の主役である14歳の中学生・坂井知季を演じています。知季は何となく楽しいから飛び込みをしていたのが、オリンピックという壁に直面することによって私生活を切り捨てなければならない葛藤に苛まれながらも自らで決めた道を少しずつ歩んでいきます。

瀬戸:僕の役柄は存在感がないことが特徴の松野清孝という役です。舞台ではなるべく印象に残らない演技をしているので、そこを是非見てほしいですね。

西野:僕が演じる辻利彦というキャラクターはスタンダードに忠実で堅実なため、周りからはセコイ飛び方をすると奴と言われてる子なんです。僕自身も冒険はしないタイプなのでとても親近感が湧いてます。

―― 競泳水着一丁で舞台に立つ、俳優陣の鍛えられた肉体美も話題です。

瀬戸:稽古場で一発目に水着を着た時は、そりゃあやっぱり恥ずかしかったですよ。でもこの舞台は9人も水着男子がいるんで、みんなでやるならやってやろうって感じですね!

納谷:裸だと身体全体を使って表現するので、僕の場合は恥ずかしさよりもお客さんにどう見られているか意識しながら演技するのに精一杯で。だから舞台の後、めちゃくちゃ身体しんどいです。ダイバー役のキャストはみんな筋トレと食事制限を相当頑張りましたよ。お互い気を使って、稽古終わりにご飯に誘うこともできませんでしたから。

―― 舞台では実際の飛び込み演技もこれでもかというくらい見せてくれますね。

納谷:舞台上で3メートル弱の高さから飛び込むんですけど、まあ恐いですよ。最初は台から飛び降りるだけでも恐怖でした。そこからトランポリンや飛び込みの選手に教わって、前宙やバク宙、ひねりを加えたりとみんなで表現の幅を広げて行きました。

西野:僕の場合は恐怖よりもみんなの演技に追いつかなきゃっていう焦りの方が強くて必死でした。

瀬戸:西野君はコメントもスタンダードだよね~。

納谷:その割に今日は茶色のセットアップでバッチリ決めて楽屋に入ってきましたよ。

西野:その話はまたあとで楽屋でやりましょうよ (笑)

―― 男子校みたいなノリで現場の雰囲気も良さそうですね。

瀬戸:先日、僕の誕生日をサプライズで祝ってもらったんですけども、段取りが上手くなくて。ケーキはすでに見えちゃってるわ、メンバーも分かりやすいくらいふわふわしてるんですよ(笑)

納谷:僕らだって稽古場に行ったら板の上に置かれたケーキがあって、セティ(瀬戸)も普通にその場にいて…。事前に何も聞かされてなかったから、バレちゃいけないのかなと思って、みんなでケーキの前に立って隠したりして。

瀬戸:え、何も聞かされてなかったの!?

納谷:うん、何も言われてなかった。ケーキを隠した方がいいのかなと思ってしれっとみんなで壁作って。でもセティ、背高いから普通に見えてるんですよ(笑)

―― 作品の見所を教えてください。

納谷:この作品はストーリーがしっかりしている上に飛び込みというアクションもあって、本当に見所が多い舞台です。飛び込みといってもダイバー毎にそれぞれ個性的な飛び方があって、それもまた見所の一つです。

瀬戸:登場人物たちは一番遊びたい思春期に、彼女や友達との時間を犠牲にしながらスポーツに打ち込み、その中でライバルへの嫉妬心、自分を見てくれないコーチへ恨みなど様々な人間の内面性が描かれています。見た人も何かしら自分に重ね合わせられるシーンがあると思いますよ。

西野:自分も小さい頃から体操・サッカー・水泳・ラグビーと色んなスポーツをやっては辞めるを繰り返してきたので、仲間に嫉妬したりコーチを恨んだりする気持ちはとても共感できます。勝者だけでなく敗者の内面も丁寧に描かれている作品なので、そこも是非見てほしいです。

―― 10月6日からラストとなる大阪公演がはじまります。意気込みを聞かせてください。

納谷:太盛君と僕は共に大阪出身なんです。会場の森ノ宮ピロティホールは僕自身も思い入れのある場所なので、東京公演で培ってきたものを大阪のお客さんの前で披露したいです。

瀬戸:東京で見られなかったお客さんのために、大阪でも華麗にダイブしたいと思います!

西野:舞台の影でストレッチしてるシーンなんかでも、オリンピックを目指す選手の練習を実際に見学して動きを取り入れてるんですよ。東京で一度見た人も、是非大阪で再発見してみてください。

(インタビュー:関 淳一)

「DIVE!!」The STAGE!!大阪公演は10月6日~7日まで、大阪・森ノ宮ピロティホールで上演。チケットは絶賛発売中。

「DIVE!!」The STAGE!! 第3弾CM(舞台映像バージョン)

【『DIVE!!』とは】 『DIVE!!』とは森絵都による水泳の飛込み競技を題材とした 「スポ根」青春小説。 第52回小学館児童出版文化賞受賞作。 その後、ラジオドラマ、映画、コミック、そしてアニメ化と様々 なメディアで展開され、中高生を物語の主軸に据えながらも幅広 い世代に支持される作品。 オリンピックを2年後に控えた今年、ついに舞台化が決定。

【STORY】 坂井知季の通うミズキダイビングクラブ・通称MDCは赤字経営による存続の危機に陥っていた。そんなMDCのもとに突如現れた 新任コーチの麻木夏陽子が提案したクラブ存続の条件。それは、 「次の年のオリンピックにMDCから日本代表選手を送り出す」と いうものであった。 知季とその座を争うのは、MDCのエース富士谷要一、幻の高校生 ダイバー沖津飛沫をはじめとした様々な個性豊かなダイバー達。 身体一つを武器に、その一瞬にすべてを賭けた少年達の熱い闘い がいま幕を開ける!!

【公式サイト】http://officeendless.com/sp/dive/ 公式Twitter:@DIVE_TheSTAGE ハッシュタグ:#ダイ舞

少年達の熱い闘い! 舞台「DIVE!!」The STAGE!! 納谷健・瀬戸祐介・西野太盛インタビューで使用したサイン色紙をプレゼントします。

希望者はジェイタメTwitterフォローの上、住所、氏名、年齢、電話番号、サイトの感想、メンバーの名前、を明記の上desk@jtame.jpまでメールで応募。(締め切り10月14日)*発表は発送をもって代えさせていただきます。

関連記事

ページ上部へ戻る