【ドラ恋インタビュー】若林拓也 「新しいエンタメ!楽しく、胸キュン」

ABEMAの、恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのかを描くオリジナル恋愛リアリティーショーの新シーズン『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』が、9月26日からレギュラー配信される。

本番組は、若手俳優が、毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく様を追いかける、恋愛リアリティーショー。全12回の番組放送において、番組内の恋愛ドラマで主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。役を勝ち取る為に、回ごとにペアが変わる相手役と稽古を重ねながら、台本に用意されている様々なキスシーンを演じていく。

新シーズンでは、 “ベッドの上で起こる男女の恋物語”というテーマ設定で、若手俳優たちが“全話ベッドシーン”という本格的な恋愛ドラマに初挑戦する。さらに、今回は若手俳優たちが共同生活を行い、主役の男女1組のペアが決定するオーディションの前日に、選ばれた1組のみが「同棲ハウス」にて一晩を共にすることができる新ルールが追加された。そんなシーズン史上最も過激な舞台に挑む男女8名に話を聞いた。

–初めまして!
若林拓也、23歳です、MEN’S NON-NOモデルとして4年間やってきて、今の事務所に入って2年6か月、なので俳優歴としては2年くらいです。アメリカ生まれで、イギリスで育ちました、英語は喋れます。

–シリーズ史上最も過激なドラ恋ですが意気込みは?
全力でお芝居をしに行って、その環境の中で全力で恋をする。どれだけ自分らしさを全面的に出せるかをすごい大事にしたい事ので、そこを常に意識してます。

–過激なシーンとか抵抗ないんですか?
抵抗はないです。(きっぱり) むしろそんな経験させていただく事なんて無いので……過激なシーンとかはすぐ出来るものではないし、やっぱりある程度経験、腕がないとそういう役は与えられないと思うので、どん欲に行きたいですね。

–共同生活での撮影は?
もちろん楽しいんですけど、完全に1人の時間が出来ないので、いろんな事に追われて結構いっぱいいっぱいになっちゃって、共同生活するうえで自分がどう居るか難しいですね。まぁでも男4人でいるときが一番の憩いの場でしたね(笑)。初日の夜に「正直誰が最初気になった?」みたいなぶっちゃけトークをしました!小学校の修学旅行を思い出したし、「青春もう一回やってるな感」があってワクワクしました。

–こんな女性に惚れてしまう
自分に無いものを持っている女性に魅力を感じるんです。高校生の時なら可愛いなぁ、とか単純な事から好きだとなっていたと思うんですが、もう23ですし、それじゃ恋愛には発展しないと思うので、ちゃんと人として(相手の事を)知っていくのは大事かなと思います。今回の女の子たちを1人ひとり、人間としてまだ知れてないなと思うので、たくさん話すのがこれから大事かなと思います。

–本人プロフィール
【名前】若林拓也(わかばやし たくや)
【生年月日・出身地】1997年3月1日、アメリカ・カリフォルニア。イギリスに小学5年から中学3まで。因みにイギリスでは中華料理が美味しかった。
【ニックネーム】たくや、仕事の先輩たちからは「若」と呼ばれてます
【コロナが解消されたらこんな事思いっきりしたい】海外に行きたいですね。イギリスに行きたいです、忘れかけているんです。それと自分が生まれたアメリカも、越してから一回も行ってないんです、自分が産まれた街を見たいです。
【愛用品】韓国のパックです。夜風呂上がりにやります、ルーティーンになってます。
【ドラ恋ファンにメッセージ】このドラ恋Kiss On The Bedを、あまり過激という面で見るんじゃなくて、新しいエンターテインメントとして受け入れてもらって、楽しく、胸キュンしてもらって見てもらいですね(笑)。

https://abema.tv/channels/abema-special/slots/CYn6nNP3RLYQKh