【ドラ恋インタビュー】森田桐矢「僕自身にとって新たな挑戦です」

ABEMAの、恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのかを描くオリジナル恋愛リアリティーショーの新シーズン『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』が、9月26日からレギュラー配信される。

本番組は、若手俳優が、毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく様を追いかける、恋愛リアリティーショー。全12回の番組放送において、番組内の恋愛ドラマで主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。役を勝ち取る為に、回ごとにペアが変わる相手役と稽古を重ねながら、台本に用意されている様々なキスシーンを演じていく。

新シーズンでは、 “ベッドの上で起こる男女の恋物語”というテーマ設定で、若手俳優たちが“全話ベッドシーン”という本格的な恋愛ドラマに初挑戦する。さらに、今回は若手俳優たちが共同生活を行い、主役の男女1組のペアが決定するオーディションの前日に、選ばれた1組のみが「同棲ハウス」にて一晩を共にすることができる新ルールが追加された。そんなシーズン史上最も過激な舞台に挑む男女8名に話を聞いた。

–初めまして!
普段は、2.5次元の舞台やミュージカルを中心にやらせていただいております。映像のお芝居に関しては久々ですね(笑) 新しい挑戦だと思っています。

–シリーズ史上最も過激なドラ恋ですが意気込みは?
不安や期待など、いろんな感情が入り混じった状態で挑んでます。僕は女性のお客さんに向けてお芝居をすることが多かったので、この作品に出演することでファンの方にどう思われるのかが怖くて不安な気持ちもあります。ですが、今まで舞台をずっとやってきたからこそ、映像の新鮮な現場に行けるという事に対する“楽しみ”や“期待”もあります!!始まってみたら考える事はシンプルで、その場その場でやれることを全力でやる!結果的に良い方にはたらけばいいなって意識で挑んでおります。
今後も臆さず流れるように溶け込んで行けたら良いなと思います。

–共同生活での撮影はどう?
お互いが譲り合って、少しの我慢をして、楽しい所を共有して、それで初めて成立するものだと思ってます……その中でどこか綻びが出て来て、我慢が溢れた女の子がいたり、いろんな事を抱えながら黙って耐えてる女の子もいたりして。最初は、なるべく全体を俯瞰で見るようにして、どこか崩れるところがないか意識しながら見ていたんです。そうなると気を使いすぎてしんどくなってしまう時もあったので、これからはフラットな気持ちで共同生活を楽しめたらと思います。

–こんな女性に惚れてしまう
人が気づかない細かいとこに気づく人は魅力的だなと思います。それと言葉遣いが綺麗な人ですかね! 割と会話という面で重きを置いているかもしれません。その人がそれまで培ってきた人格形成が結構言葉遣いには出るなと思います。

–本人プロフィール
【名前】森田桐矢(もりた とうや)
【生年月日・出身地】1997年4月19日、埼玉県
【ニックネーム】とうや
【コロナが解消されたらこんな事思いっきりしたい】この男子4人とドライブしたいです。元々車が好きなんですよ!男同士で「ちょっと温泉行こうよ」って感じで(笑)
【愛用品】ルービックキューブ。17歳の時に6面を揃えるやり方を覚えてから、ずっと机の上に置いてあります。暇な時にガチャガチャって感じで……今は30秒の壁に挑んでます、揃えるのに100パターンくらいあるんですよ。
【ドラ恋ファンにメッセージ】ドラ恋に参加することは、僕自身にとって新たな挑戦です。この作品を通して初めて僕の事を知って下さる方も多いと思いますが、この共同生活の中で一生懸命もがきながら頑張っておりますので、その姿を見ていろいろ感じてもらって、楽しんでもらえれば嬉しいです!

https://abema.tv/channels/abema-special/slots/CYn6nNP3RLYQKh