舞台「ティアムーン帝国物語」リレーインタビュー、シオン役・横田陽介

9月9日から、新宿村LIVEで上演される舞台「ティアムーン帝国物語」。原作は餅月望の同名の小説。崩壊したティアムーン帝国で、わがまま姫と蔑まれた皇女ミーアは処刑された
はずだったが、目覚めた彼女は12歳に逆戻り! 失敗した過去をやり直すため、仲間と繰り広げるドタバタ世直し劇だ。ジェイタメ編集部では、公演を前に出演者リレーインタビューを行った。

–自己紹介と役どころ
シオン役の横田陽介と申します!30手前の29歳でございます。今回の役が12歳でキラキラした男の子の役なんで、だいぶかけ離れているんですけど、頑張ろうとしている男でございます(笑)。

–舞台ではココを見て
シオンという役は「王子」で正義を貫く、堅い男の子なんですけど、12歳なのでところどころ可愛さとか、幼さを表現出来たら良いなと思ってます。あと、剣術が凄い役なんです!なので殺陣に注目して頂ければと思います。

–どんな方に観てもらいたいですか
この作品自体が元気になれるような作品なので、テンションが下がってる方、この夏、気晴らしが出来なかった、実家に帰れなかっとストレスの溜まっている方には是非観てもらいたい作品です。

–稽古やキャストの秘話
僕の相棒役に髙木聡一朗(キースウッド役)さんという先輩がいるんですけど、よく絡むんですけど、まぁ~ふざけた人なので、芝居中も毎回笑わせにくるんですよ!表情で遊んできたりするんです、僕は堅い役なのに「グッと」壊しに来るんですよ!も~意地悪な人ですね(笑)。舞台でもそんな所に注目しといていただければと思います。

<プロフィール>
【名前 生年月日 出身地】横田陽介(よこた ようすけ)1991年7月12日、29歳、奈良県
【ニックネーム】この現場では「ようちゃん」「陽介くん」が多いですけど、他の現場は「よこちん」と呼ばれることが……。
【心がけているコロナ対策】マスクはもちろんですけど、手洗い、うがいは小まめにしてます。うがいは徹底してますね! あと効くかわかりませんけど「のど飴」も舐めてます。独自のコロナ対策は、ニンニク料理をめちゃくちゃ食べるようにしてます!料理大好きなんですけど、嗅覚のチェックも込めて、大概の料理にニンニク入れてます。何かあったらスグ判るように! 得意なニンニク料理は「ペペロンチーノ」、日によって味がまちまちなんですよ、だから楽しいですね。
【12歳に戻ったら何をしますか?】ダンスを習います。僕、ダンス苦手なんですよ、ダンスができたら、もっといろんな役が出来たなっと感じた時が多々あります。
【スマホに入っているお気に入りのアプリ】マインクラフトです。2年以上はやってますね、もう何回がリセットしてプレイしてます。

*次回はアベル役・笠原織人(8日、17時公開)