舞台「ティアムーン帝国物語」リレーインタビュー キースウッド役・髙木聡一朗

9月9日から、新宿村LIVEで上演される舞台「ティアムーン帝国物語」。原作は餅月望の同名の小説。崩壊したティアムーン帝国で、わがまま姫と蔑まれた皇女ミーアは処刑されたはずだったが、目覚めた彼女は12歳に逆戻り! 失敗した過去をやり直すため、仲間と繰り広げるドタバタ世直し劇だ。ジェイタメ編集部では、公演を前に出演者リレーインタビューを行った。

–自己紹介と役どころ
キースウッド役を演じさせていただきます、髙木聡一朗と申します。サンクランド王国のシオン王子のお付の人です。シオン王子(横田陽介)とは別の舞台でも一緒だったので今回もすごく楽しみです。

–意気込みは?
毎回、舞台俳優としてやってきて思うのですが、物語の原作ファン、原作イメージがあると思うのですけど、それで(今回の舞台が)想像と違ったとしても「良かったね」と、絶対に思われたいという気持ちで舞台に立ってます。

–舞台ではココを見て
今回は久しぶりの西洋の話なのですけど、西洋の殺陣をやるんですよ!なので、久しぶりに体を動かす“殺陣”に注目してもらいたいですね。

–どんな方に観てもらいたいですか
原作ファンの方はもちろんなんですけど、原作をみたことが無い人に特に届いてもらいたいですね。

<プロフィール>
【名前 生年月日 出身地】髙木聡一朗(たかき そういちろう)1986年6月23日、山口生まれ大阪育ち
【ニックネーム】そうちゃん、最近おっさんになってきたので「そうさん」と呼ばれるようになった。
【心がけているコロナ対策】普段の手洗いうがいはもちろん、稽古の休憩中もやります、さらにマスクを取って顔も洗いますね。僕は健康オタクなので腸活してます!腸を良くすれば抵抗力があがると信じてるので、ヨーグルトをよく食べます。さらにオリゴ糖を上にかけてます。
【12歳に戻ったら何をしますか?】12歳に戻ったら、ちゃんと勉強します!僕は医者とかになりたいです(笑)。職業は医者って言って、みんなに「エェ~!」って言われたいです。それも白い巨塔に出てくるような医者ね。
【スマホに入っているお気に入りのアプリ】17LIVE 毎日自ら配信してます!22時半くらいからやってます、よろしかったら見に来てください!

*次回はルードヴィッヒ役・佑太(5日、17時公開)