イケメン?なのか?それでも人気のポチャメン大江裕の魅力とは

「イケメン、なのか?」演歌歌手の大江裕には、ザワついた女性の評判が耳に入ってくる。

確かな人気とチャーミングな魅力で、歌番組だけでなくバラエティ番組にもたびたび出演している大江だが、実は波乱万丈な人生を送っている。その濃すぎるキャラと濃すぎる経歴を今回は紹介していこう。

■異色のデビューを果たした大江裕!きっかけはあのバラエティ番組

ぽっちゃりした見た目が癒しと言われる大江裕。デビューのチャンスが訪れたのは2007年、高校時代に出演したバラエティ番組がきっかけだ。
「さんまのSUPERからくりTV」の一コーナー「全国かえうた甲子園」の大阪代表として出演した大江は、礼儀正しすぎるキャラクターと歌の才能を見出され、その後北島三郎に弟子入り。2009年に「のろま大将」でデビューを果たす。

見た目は“のろま大将”さながらだが、実はシンデレラストーリーを叶えた凄い奴なのだ。

■刈り上げヘアと不摂生が話題に!
大江のトレードマークといえば、かっぷくの良いカラダと、キレイに刈り込まれた角刈りだが、実は彼は高校時代から一人角刈りを貫き、周りからも浮きまくっていたというエピソードを持っている。

昭和感ただよう大江だが、最近ではその食生活がたびたびテレビでも取り上げられるように。なんと大江、デビューから今までで、30キロ増量してしまい、医者からも「本来ピンクのはずの腸が真っ黒」と、異常を指摘されるほどという。

もともと2009年のデビューから1年後に体調不良で休養をしていた彼だが、健康面に気をつけて、今後も癒しを振りまいて欲しいものだ。
<文/ジェイタメ編集部>

【参考】
本人Twitterより

関連記事

ページ上部へ戻る