人気沸騰中の7人組メンズダンスボーカルグループ 「BUZZ-ER.」 密着インタビュー(1)

今、都内を中心にライブを行い女子中高生に注目されている7人組ダンスボーカルグループ「BUZZ-ER.」。いったいどんなところが魅力なのかプロデューサーのKEN.はじめ、メンバー全員に話を聞いてみた。(ジェイタメ編集部)

●KEN.( Producer)
BUZZ-ER.は昨年4月にデビューした、7人グループのダンス&ボーカルユニットです。僕はもともとソロ活動をしていたんですけど、そのバックダンサーを務めていたメンバーが、7人のうち2人。彼らと次のステップに進もうということで、僕がプロデュースする形で動きだしました。当時19歳から23歳の年齢層で、個々で「メジャーで大きくなりたい」という意思が強く、国民的な人気を勝ち取れるグループにしていけたらなぁと思っています。登竜門として、日本武道館でのコンサートは目指したいところ。モチベーションを高く持って活動できているので、武道館、アリーナクラスと進んでいきたいですね。セールスポイントは、7人全員の顔がカッコいいところ! 韓国系、ハーフ、ベトナム人、純日本人、薄い顔から濃い顔まで、いろいろそろっていますし、楽曲もいい。秋に1stインディーズシングルを出させていただくので、ぜひ、そのサウンドを聴いてください。

●CHIBA(Main Vocal)
94年10月21日生まれ、岩手県出身。A型/好きなテレビ お笑い・プロ野球/好きなタレント 久保田利伸/好きな女の子のタイプ 素直/得意ジャンル 歌
小学3年生から中学生まで、野球をしていました。メジャーに行った大谷翔平投手とは、地区対抗の野球大会で対戦したことがあるんですけど、小さいときから、一目置かれてましたね。軟式ボールで、いきなり柵越えのホームランを出したんで、地元でも有名でした。僕の場合は、野球を続ける気はなくて、大学受験で東京に出てきて、明治大学に入りました。アカペラサークルに入って、人前に出たり、自分の作品をネットで閲覧されることに価値を感じたので、1年間、休学して、作曲の学校に通いました。そのころに、KOHEYに声をかけてもらって、こういう道に来たんです。ここに来るまでには、親が決めたルートのまま生きなきゃいけないのかなぁと葛藤した時期もあったんですけど、自分で決めた道で活動をできている今は、とっても幸せです。僕たちを見て、「自分もやりたいことをやろう!」って思ってもらえる、そんな勇気を与えられるグループになりたいです。

●HAU(Vocal)
97年11月14日生まれ、日本生まれ。O型/好きなテレビ 『水曜日のダウンタウン』(TBS系)/好きなタレント BTS(防弾少年団)/好きな女の子のタイプ 派手め/得意ジャンル 顔
僕はメンバー最年少で、純ベトナム人。家族全員ベトナム人ですけど、日本で生まれて育っているので、向こうの言葉はちょっとしゃべれる程度。親がなんで日本に住むようになったのかは、聞いたことがありません。闇というか、深入りしないでおこうと……(苦笑)。もともとはK POPが好きで、独学でカバーダンスをやっていた映像をネットにあげていたら、KOHEYくんからメッセージが直接来て、誘ってもらった感じです。小さいころから団体競技というか、体育祭・文化祭が大好きで、みんなで力を合わせて、どこに進むかの目標を決めて、そこに向かいたいって思うタイプでした。バスケ、陸上をやっていたんですけど、やっぱりみんなで一生懸命!って感じでしょ? だから、今のグループ活動も向いているし、楽しい。これから、テレビに出たり、人気が上がったりって夢はたくさんありますけど、僕が負けたくないのはルックス。見た目もどんどん磨いていきます!

http://buzz-er.net/

関連記事

ページ上部へ戻る