定本楓馬「男劇団 青山表参道X」旗揚げ公演『SHIRO TORA~beyond the time~』記念インタビュー

ミュージカル『テニスの王子様』で注目を集め、2019年に公開が予定されている映画『刀剣乱舞』への出演も決定している定本楓馬が、タイムスリップしてきた白虎隊と、福島県の男子校、私立白山高校演劇部の高校生たちとの遭遇を描く「男劇団 青山表参道X」の旗揚げ公演『SHIRO TORA~beyond the time~』に出演する。

—— 定本さんの今回の舞台での役所は演劇部のメンバーだそうですね?

定本:はい。廃部寸前の演劇部の2年生の、まあちょっとちゃらんぽらんで能天気で、別に部が潰れることにそんな危機感も持っていないけど、でも頑張ろうぜと言われたら頑張っちゃうっていう、おバカで単純だけど熱い男の子の役です。

—— プロフィールを見ていたら特技がダジャレとあります。舞台でアドリブなどでその特技が生きるかもしれないですね。

定本:自分では出したくないと思っていますけど(笑)

—— 剣道もやっていたんですね。殺陣もある舞台ですから、それも生かせそうな気がするんですけど。

定本:剣道は小学校3年生の時にやっていたんです。今回殺陣らしい殺陣が僕にあるかわかりませんけど、来年公開の映画『刀剣乱舞』では結構その経験は生きたと思います。殺陣はそれが初めてだったんですけど、アクションチームの方にみっちり教えてもらいました。

—— 和太鼓もやっていたということで結構和風な特技がたくさんある方なのかなという印象です。

定本:和太鼓も小学校の時ですね。ちなみに囲碁もやっていました(笑)剣道と囲碁は兄がやっていたのでそれについていったという感じ。太鼓は上級生の子がやっているのを見て楽しそうだなって思って取り組んだんです。

—— 囲碁は強いんですか?

定本:弱いです(笑)囲碁教室の中でも気付いたら座布団を重ねて遊んでいるような小学生で……。どれだけ積み重ねて上に乗っかれるかというのを、みんなが囲碁をやっている横で、囲碁そっちのけで夢中になってやっていました(笑)15段くらい重ねて座っていたのを覚えています。

—— 舞台経験は豊富なんですか?

定本:そうですね。上京してきてからはミュージカルの『テニスの王子様』を主にやってきましたので。

—— オスカープロモーションのイケメン俳優が集まるこの「男劇団 青山表参道X」の中ではどういう立ち位置で頑張っているんですか。

定本:どういう……金髪担当かな(笑)結構人見知りでガツガツ行けるタイプではないんですけど、話しかけてくれる人が多いので、メンバーに助けられて頑張っています。

—— 最後にファンへメッセージを。

定本:僕たちのファンの中には舞台というものをまだ見たことがない人もいると思うんです。でも、この作品はまだ舞台を見たことがない人にも見やすい作品になっていると思います。僕たちそれぞれの個性が生かせる舞台でもあり、きっと面白いものになると思っています。自分が作りたいのは見た後に明日から頑張ろうって思える作品。そういう作品になるように頑張っていきたいです。楽しみにしていてください。

(撮影・インタビュー:名鹿祥史)
男劇団 青山表参道X旗揚げ公演『SHIRO TORA~beyond the time~』はAiiA2.5 Theater Tokyoにて6月14日~6月17日(全6公演予定)まで上演

*サイン色紙プレゼントはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る