宇野結也「男劇団 青山表参道X」旗揚げ公演『SHIRO TORA~beyond the time~』記念インタビュー

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズンの手塚国光役で芸能界デビューを果たし、オスカープロモーションの若手男性俳優で構成される「男劇団 青山表参道X」のメンバーとして活躍する宇野結也が同劇団の旗揚げ公演『SHIRO TORA~beyond the time~』に出演する。

6月14日より東京・渋谷区のAiiA2.5 Theater Tokyoにて公演される本舞台はタイムスリップしてきた白虎隊と、福島県の男子校、私立白山高校演劇部の高校生たちとの遭遇を描くファンタスティックな物語。ミュージカル『テニスの王子様』で人気急上昇中の宇野が30人のメンバーからなる「男劇団 青山表参道X」の中でどんな存在感をだせるのか、宇野本人を直撃して意気込みを聞いてみた。

—— 宇野さんのプロフィールを見ていたんですけど、臨床工学技士(人工心肺・人工呼吸器・人工透析器の操作)の免許を持っていたりして、意外とインテリなのかなって思ったんですけど。

宇野:人生紆余曲折したのがプロフィールに表れているだけです(笑)学校卒業して資格を取って、その後、バンド活動を経て今に至ったという感じなんです。決してインテリというわけではないです。

—— 「男劇団 青山表参道X」の旗揚げ公演ということで、宇野さんはどんなふうにアプローチしていこうと思っているんですか?

宇野:体育会系の人が多いという印象なので熱くやっていければなと思っています。勝負していくなら若さと熱量だと思っています。いろんな舞台を見に行ったりもするんですけど、そこで若い俳優の人たちを見て感動する時は本当にがむしゃらな姿とか、この舞台をどうにかしていいものにしたいという気持ちの部分を見た時。その熱量に感動させられることが多いんです。そういう部分をみんなで出して頑張っていけたらって思っています。作品も僕たちのキャリアや年齢に合わせた青春劇。それを今まで自分たちが生きてきたなかで出せるものは何かと考えたらやっぱり熱量の部分を大切にしていかないといけないと思うんです。

—— 歌、ダンス、殺陣ありの舞台になると聞きました。

宇野:まだ殺陣をするのか何をするのか、稽古がはじまっていないので僕自身にあるのかわからないんですけど、登場人物の中では中立的な立ち位置だと聞いています。

—— 「男劇団 青山表参道X」のメンバーとしてこの劇団に期待することは何ですか?

宇野:すごく感動したのは事務所の社長が創立当時からこれをやりたかったって話していたことです。オスカープロモーションに入る時は事務所に対して女性のイメージが強いというふうに感じていたんですけど、そこで男性として、そのイメージをどうにかして変えていきたいという気持ちを持っていたので、このタイミングでこの劇団が立ち上がって、世間の注目を集めていることが嬉しいです。いいものにしたいという気持ちを強く持って参加しています。

—— 最後に公演への意気込みを。

宇野:今回はイベントではなく、役者としての旗揚げ公演。そこで成長するのが僕らの役目だと思っています。作品の役柄と共に、人間としても成長できたらいいなって考えています。それが結果的に劇団の成長に繋がっていけばなおさら嬉しいです。みなさんもぜひ、僕たちのそんな思いの詰まった公演を見に来てください。

(撮影・インタビュー:名鹿祥史)
男劇団 青山表参道X旗揚げ公演『SHIRO TORA~beyond the time~』はAiiA2.5 Theater Tokyoにて6月14日~6月17日(全6公演予定)まで上演

*サイン色紙プレゼントはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る