“無料で楽しめる”よしもと新作ゲームアプリ まさか!アノ芸人も登場

16日、東京渋谷のヨシモト∞ホールで、よしもとゲームズの「新作ゲームアプリ発表会」が行われ、新作ゲーム「くっきーの進化論」「対決!よしもと大運動会」「花瓶(仮)」の3タイトルが発表された。発表会にはゲームアプリのキャラクターにもなっている野性爆弾くっきー、かまいたちの濱家隆一と山内健司、尼神インターの誠子と渚が出席した。


ステージ登場したくっきーは、あえて低姿勢で頭の“鬼ぞり”を披露、MCタケトから「気合の入った日には鬼ぞり入れてくるんですよね」と振られると「大事な仕事は昨日あった」と躱され笑いを取った。

本日リリースされたゲームアプリ「くっきーの進化論」は、六角形で出来た19マスの盤上で、画面をスワイプしながら同キャラクターをかけ合わせ、進化(新しいキャラクター)させていくパズルゲームで、マスがいっぱいになり、動かせなくなったらゲームオーバーとなる。実際にゲームを行ったくっきーは上手にキャラクターを進化させていくが、11番目に登場した進化キャラクターが渦中の千原せいじ、会場は妙な空気に包まれたが、くっきーの「今、出したらまずいでしょ!」で笑いの渦に包まれた。ちなみにキャラクターは24通りあるとのこと。

続いて「対決!よしもと大運動会」は、対戦×スポーツをテーマとしたスマートフォン向けカジュアルゲーム。100メートル走、走り幅跳び、相方投げ!?の三競技がプレイできる、またシングルプレイとマルチプレイが楽しめ、マルチプレイではオンラインで知り合いと対戦することが可能だ。そして、よしもとの芸人が動物のキャラクターになっている、誠子はカピパラ、渚はバンビ、キャラクターを見た渚は「バンビが私にだいぶ寄ってくれた感じ」と照れていた。かまいたち二人のキャラは他と違いだいぶ手抜き感があり、濱家から「適当にやりました?」とつっ込まれていた。ちなみに山内はコウモリで、濱家はトカゲ。

最後は、現在制作中のゲーム「花瓶」ということで、芸人の顔が花瓶となっており、花瓶に水を入れていき溢した方が負けという心理アクションゲームだそうだ、こちらのリリースはまだ先になりそうだ。またゲームアプリはすべて無料で楽しむことができる。(ジェイタメ編集部)