伊藤英明、撮影現場でバースデーサプライズ!

(C)NTV

日本テレビ系・土曜ドラマ「初恋の悪魔」。それぞれワケありの警察署勤務の4人、ヘマをして停職処分中の刑事・鹿浜鈴之介(林遣都)、総務課職員・馬淵悠日(仲野太賀)、生活安全課の刑事・摘木星砂(松岡茉優)、会計課職員・小鳥琉夏(柄本佑)。第3話では、この捜査権のない4人が事件解決に乗り出す中で、まさに脚本家・坂元裕二の世界観である、テンポよく繊細かつ軽妙で、思わず惹きこまれてしまうセリフの掛け合いが展開された。このコメディータッチでありながら緊張感に溢れスリリングなドラマ「初恋の悪魔」の中でも、伊藤英明が演じる雪松鳴人署長は、物語の縦軸を貫く重要人物としてその存在感が際立っている!8月6日(土)放送の第4話以降、いよいよその縦軸が動き始める!伊藤英明演じる雪松署長からますます目が離せない!

その伊藤英明(雪松鳴人役)は、昨日8/3(水)に47歳の誕生日を迎えたが、先日、ちょっぴり早めの誕生日サプライズが、「初恋の悪魔」撮影中に行われた。星砂(松岡茉優)もいる悠日(仲野太賀)のマンションの部屋を雪松(伊藤英明)が訪れるシーンのリハーサルが行われる中、突然スタッフから「皆さん!8月3日は伊藤英明さんの誕生日です!」の声とともに大きな拍手が沸き起こり、「署長!」の掛け声も飛んだ。このサプライズに、「ありがとうございます、ありがとうございます、皆さまお忙しい中、ありがとうございます」と伊藤はすっかり恐縮。ケーキのろうそくに灯った火を消したあと、松岡茉優から「何歳になったんですか?」と質問された伊藤は「47?48?この年になると分からなくなるんだよ」と、誕生日よりやや早めであったため、心の準備が間に合わなかった様子。ケーキに書かれた数字を見た仲野太賀から「47歳です」と言われた伊藤は「仲野太賀のような俳優になりたいです。追いかけます!」と話し、仲野は「なんですかそれは!やめて下さい」と返し、大きな笑いに包まれる場面も。「素晴らしい現場で、素晴らしい俳優仲間、スタッフに祝ってもらい嬉しいです。この現場での経験を糧に、これからもいい俳優になれるように一生懸命、精進していきたいです」と語った伊藤。猛暑での撮影が続く中、俳優仲間との結束、さらに“チーム初恋の悪魔”としても団結をさらに強めたバースデーイベントとなった。

「初恋の悪魔」第4話は8月6日(土)よる10時~放送!

(C)NTV