『初恋の悪魔』MVに出演した林遣都×SOIL&”PIMP”SESSIONSの対談映像公開!

(C)NTV

日本テレビ系・土曜ドラマ「初恋の悪魔」。それぞれワケありの警察署勤務の4人、ヘマをして停職処分中の刑事・鹿浜鈴之介(林遣都)、総務課職員・馬淵悠日(仲野太賀)、生活安全課の刑事・摘木星砂(松岡茉優)、会計課職員・小鳥琉夏(柄本佑)。この捜査権のない4人が事件解決に乗り出す中で、まさに脚本家・坂元裕二の世界観である、テンポよく繊細かつ軽妙で、思わず惹きこまれるセリフの掛け合いが展開され注目されているドラマを、SOIL&”PIMP”SESSIONSが手掛けるテーマ曲、その名も『初恋の悪魔』の音楽が、いっそうのテンポ感を増し、時にはワイルドに、チャーミングに、そしてスリリングなドラマへと昇華させている!その『初恋の悪魔』のMV(ミュージックビデオ)が、本日0時から、SOIL&”PIMP”SESSIONSのYouTubeオフィシャルチャンネルで公開中!

この『初恋の悪魔』のMV撮影が行われたのは、なんとドラマのスタジオセット現場! SOIL&”PIMP”SESSIONSのメンバーが縦横無尽にセット内で大暴れしての撮影に緊急参加した林遣都!見事、編集無しのワンカットムービーが完成!林遣都の衝撃的な出演シーンは『初恋の悪魔』MVで要チェックだが、その撮影後、林遣都とSOIL&”PIMP”SESSIONSメンバーとの対談が実現! その対談映像がYouTube日テレドラマ公式チャンネルで公開中!
対談の様子をお伝えする!

【林遣都×SOIL&”PIMP”SESSIONS対談】

林:MV出演、めちゃくちゃ緊張しました!長回しの撮影の最後に出るということだったので、今回のドラマの撮影に入ってから、一番緊張しました(笑)。ただ、流れていた『初恋の悪魔』の音楽に聞き入っていて、今まで撮ってきたドラマのシーンを振り返りながら、この音楽によってドラマにどういう風に乗せられていくのかな、と待機しながらワクワクしていました。

社長:一瞬だけ出演していただいたのですが、あの一瞬で、それまでの3分弱を全部持っていってしまう眼の力がすごい!この特異な状況の中、数秒でお芝居をされる。さすがだなと思いました。

林:ソイルさんとは初めてお会いするのですが、実は緑川さん(みどりん)とは面識がありまして、飲み友達と言いますか、一時期、すごく一緒にいまして・・。

みどりん:行けば、いたよね!

林:実は、今日まで緑川さんがソイルのメンバーと気付いていなくて、今朝、緑川さんから連絡をいただいて、今日ソイルでお邪魔します、と聞いて、テンションが爆上がりしました。普段、お仕事の話はあまりしなくて、フランクに全然関係のない話で接して下さっていたから・・。

緑川:夜中でよく見えないしね(笑)お酒も入ってるし。

社長:酒量の問題じゃないよ(笑)

林:今回は“縁”を感じて嬉しかったです。

社長:みどりんから、林さんと飲んだ翌日、よく話を聞いていて「いいな~」と言っていた(笑)。今日こうして一緒にお仕事出来るのが、他人じゃない気がする。勝手にご縁を感じております。

~テーマ曲『初恋の悪魔』について~

社長:今回はタブゾンビが書いたのですが、いかがですか?

タブゾンビ:最初、ドラマのいろいろなキーワードをいただいて作っていたのですが、台本を読むと、それまで作っていたものと違った感じがして、台本と出演者の皆さんが書かれた表を見ながらイメージして、配役して、頭の中でドラマを作っていきながら、さらに考えさせていただきました。

社長:この曲は、スリリングな中に、キュートさというか、かわいらしさのようなものもあって、相反する要素ではあるのですが、それが俳優陣の皆さんの個性とマッチして、きっとハマるんじゃないかな、と思っています。

林:これ以上ないくらいドラマを盛り上げてくれる曲という印象を持ちました。音楽も相まって見たことのないようなドラマになるのではないかとわくわくしています。このドラマはいろいろなテイスト、要素が含まれていて、軽快、痛快なドラマになっているので、まさにピッタリな曲だなと思います!

~林遣都に質問~

タブゾンビ:演技は学ばれてきたのですか?今回の(MVの)眼の演技すごいな、と思いました。

林:今回は役のままやらせていただけたので。鈴之介という役は、猟奇殺人や凶悪犯罪に興味があって、みんながワッと押し寄せてくるような状況でも、ビックリしながら、これから何が起きるのかとワクワクするような人物なので・・。

タブゾンビ:さすがですね!

~お互いにエール~

社長:林さんの演技は、常々、心奪われるものがありますので、今後ドラマでどんな表情を見せてくれるのか、一ファンとして楽しみにしています。頑張って下さい!

林:ソイルさんの音楽があって、もう、しめしめと思っているのですが、この音楽とともに、視聴者の皆さんがビックリするようなドラマになるんじゃないかとすごく楽しみです!

【林遣都×SOIL&”PIMP”SESSIONS対談動画】は、YouTube日テレドラマ公式チャンネル内の動画URL https://www.youtube.com/watch?v=gkto-S3XSx4 にて公開中!

『初恋の悪魔』MV(ミュージックビデオ)
本日8月3日(水)午前0:00より下記URLにて公開中 !

第4話あらすじ
社会のマナーやルールを守らない者が矢で射られてケガをする事件が発生。ごみの分別をしなかった者、順番の列に割り込んだ者などが次々と被害を受けた。
まもなく、世界英雄協会を名乗る男から犯行声明の動画が配信される。迷惑をかける人間を排除すると宣言。今後、新たな犠牲者が出ることが予想され、渚(佐久間由衣)は刑事課の捜査会議で懸命に世界英雄協会の危険性を訴える。しかし他の刑事たちは取り合おうとしない。
悠日(仲野太賀)の家に転がり込んでいる星砂(松岡茉優)は、自分の中のもう一人の別人格の自分の存在に怯える。悠日は、そんな星砂を気遣っていた。
一方、鈴之介(林遣都)は、家の中で見つかった監視カメラを、森園(安田顕)の手を借りて撤去していた。そして森園から自分は駆け出しのサスペンス小説家だと教えられるのだった。
森園が期待していたようなシリアルキラーではなかったことに落胆する鈴之介だった。しかしその後、森園家には妻と呼ばれる女性以外にも、多種多様の怪しげな女性が出入りする様子を何度も見かけ、鈴之介は混乱するばかり。やはり森園は謎多き人物のようだ。
世界英雄協会の犯行は続く。犯行はいつか愉快犯となり、犯行声明とともにクイズを出題。大量の数字が並んだ暗号を示し、自らのアジトを示唆するのだった。琉夏(柄本佑)は渚に頼まれて、数字クイズ解読に取り組む。
しかし、犯人の特定は進まず、渚までが犠牲となり怪我をしてしまう。悠日と琉夏は、鈴之介に助けを求めるが――!?

【番組概要】 「初恋の悪魔」(毎週土曜日22:00~22:54)
番組公式HP  https://www.ntv.co.jp/hatsukoinoakuma/
番組公式Twitter  @hatsukoinoakuma
番組公式Instagram  @hatsukoinoakuma_ntv

(C)NTV