「雨に消えた向日葵」完成報告会、主演ムロツヨシはコメディ封印の役作りに苦悩!

22日、スペースFS汐留にて「連続ドラマW ⾬に消えた向⽇葵」の完成報告会が行われ、主演のムロツヨシと、佐藤隆太、大島美優が登壇した。

「連続ドラマW ⾬に消えた向⽇葵」はWOWOWで、7⽉24⽇(⽇)から放送・配信される。本作は、ある少⼥失踪事件の真相を追う刑事と、失踪した少⼥の家族の苦悩と執念の⽇々を描いたヒューマンミステリーだ。

ステージに登場したムロは、「こんにちは、ムロツヨシです!」と、いきなりマイクを使わず地声で挨拶し、冒頭からムロ節が炸裂。そして、「今回真⾯⽬な役ということで、正直会⾒でどうしたらいいか分かりません。きっとふざけてしまうと思います。そこは記憶から抹消していただき、ドラマのいい部分だけをしっかり拾っていただきたいです!」と続け、笑いを誘った。続いて登場した佐藤も「こんにちは、佐藤隆太です!」と先輩に⾒習い地声で挨拶。そして「ヒリヒリする作品ですが、⾃分も台本を読んでのめり込んでしまった1⼈です。数年の話を5話で⾛り切る話で、連続ドラマならではの、次週が本当に楽しみになる、堪能できる作品です。1⼈でも多くの⼈に知っていただきたい」とドラマの魅⼒を語った。

今回はコメディ要素⼀切なしのシリアスな作品。役を演じてみたムロは「僕が演じたのは奈良という刑事。奈良は⾃⾝の後悔とか正義とか、いろいろなものを抱えてる。まず、奈良が背負ってるもの、⾒えている景⾊をとっても意識しました。佐藤さんとも初めての共演で、本当はわちゃわちゃ話したかったんですが、役作りに専念したのであまり会話をしなかったんです。そうでないと、すぐにカタカナ5⽂字(ムロツヨシ)が出てくるので。共演者と⼀番距離を置いたのは、捜査会議のシーン。喜劇畑の⼈たちばかりなんですよ笑。本番が始まるまで、みんなわちゃわちゃ騒いでいるんですけど、僕は奈良が背負っているものを表現しないといけないから、敢えてみんなと距離を置きました」と役作りについて明かした。

すると、佐藤は「挨拶してもムロさんがそっけないから‥俺、ムロさんにハマってないのかなって⼼配になるくらい(笑)」と撮影当時の⼼境を告⽩するシーンも。「スタッフもみんな、普段テレビで⾒せているムロと全然違うじゃん、と思ってたと思います。実は、次に撮った作品でも⼀緒だったスタッフがいたんです。それは喜劇だったので思いっきりおちゃらけたら、『ムロツヨシ、⼆⾯性がありすぎる』と怖がられました(笑)」と裏話も語った。

今作の⾒どころについて、ムロは「佐藤さんとは、全く想像していなかった関係性での役柄となったので、どう作り上げていくか、監督含めてとても話し合いました」と話すと、佐藤も「特に2⼈きりのシーンに注⽬して欲しい。男同⼠の絶妙な距離感が表現できたと思う。2⼈のシーンは全て特別ですね」と振り返ると、「信頼なのか、不信なのか、それを乗り越えた2⼈のシーンは⾒どころですね」とムロも続けた。


さらに、イベントの途中には、物語のキーパーソンで、⾬の⽇に突然消えた少⼥・葵を演じた⼤島が本作の象徴でもある“向⽇葵”を持って登場。⽗親役であった佐藤やムロとの久しぶりの再会に「佐藤さんは、撮影中にもたくさん話しかけてくれて、また会えて嬉しいです。 ムロさんは撮影中は“奈良さん”だったので‥今⽇お会いしたらテレビのイメージのままのムロさんで安⼼しました」と12歳らしく元気いっぱいにコメントした。

最後のコメントを求められ、佐藤は「現場はメリハリがあって、とてもいい空気の中で撮影できました。完成したものを⾒ても、とても⾒応えのある作品に仕上がったと思います」と⾃信を持ってコメント。⼤島は「家族の絆を感じられるヒューマンミステリーです。ぜひ夏休みに家族みんなで⾒て欲しい」と、ほぼ100点満点の受け応えをしたところ、隣にいたムロが「コメントが素晴らしすぎるから俺も同じコメントを⾔いたい。⼩声で教えてくれる?」とムロ節を発揮すると「⾃分のセリフで⾔ってください」と諭される場⾯もあり、会場は笑いに包まれたが、最後は「1⼈の少⼥の⾏⽅を追う物語。真実とは、信頼とは何かを問いかけるドラマ。是⾮この時代に⾒て欲しい作品です」と俳優・ムロツヨシとしてしっかりメッセージを送った。