冨永愛がフォルクスワーゲンの新型ポロとサステナブルな「食」を追求する旅へ!

フォルクスワーゲン ジャパンが、モデルの冨永愛が 出演するスペシャルWEBムービー「The new Polo × 冨永愛 “できない、なんてない。”」を、7月20日(水)より公開する。
また、WEBムービーの公開に合わせて、“できない、なんてない。”をコンセプトにした新型ポロの試乗、常識を覆すレストランや宿泊施設を楽しんでいただける「“できない、なんてない。” 新型ポロ体験キャンペーン」も同日より実施。

今回のWEBムービーに出演する冨永は、新型ポロと同じように常識を覆し“できない、なんてない。”と、新たな道へ挑み続けてきた。トップモデルに登りつめながら、今また新たな道である「SDGs」に取り組み、特に食のサステナブルに強い関心があることから、今回のWEBムービーの制作が実現した。

冨永が新型ポロに乗り込み、向かうのは「未来に対して良い環境を残していきたい」と、これまでの発想を変えてチャレンジしている農家やシェフたちの所だ。撮影現場での様々な出会いや体験を通じて見えてきたのは、冨永のブレない信念や挑戦心。
「捨てる行為自体を変えなきゃいけない」「質のいいものを長く使うのが大事」、そして「“できない、なんてない。”と思いながら生きると幸せになれる」と笑顔で語る冨永。
常にポジティブで楽しみながら、未来へ突き進むその姿が印象的だ。

クルマもファッションも“長く使える”という視点で選ぶ冨永は「ずいぶん前にパリで乗ってたんですけど、変わってないのはコンパクトなのに、しっかりしているところですね」と新型ポロを体感。
モデルとしてではなく、一人の人間としての冨永愛の考え方や新型ポロでのドライブを楽しむ素の表情を確かめて。

<冨永愛コメント>
パリで乗っていて大好きだったポロから新型が登場すると聞いて、体験できることを楽しみにしていました。
新型ポロはデザインもよりスタイリッシュになってテクノロジーも進化していましたが、コンパクトだけどしっかりしているところは変わっていなかったですね。
今回の撮影ではSDGsをテーマに様々な方にお会いし、貴重な体験をさせていただいたのですが、モデルとしての私ではなく、素の私として撮影に臨んだので、このままで大丈夫なのかな?と思う場面もありました。(笑)
関心のあるテーマで飾らない自分で撮影ができ、とても楽しかったです。ぜひ、ご覧ください。