「石子と羽男」“訴えられない”スマホ充電所が渋谷に登場!

TBSで7月8日(金)よる10時から、有村架純と中村倫也がW主演を務める『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』がスタートする。
本作は、4回司法試験に落ちた崖っぷち東大卒パラリーガル・石田硝子/通称・石子(有村架純)と、1回で司法試験予備試験と司法試験に合格した高卒の弁護士・羽根岡佳男/通称・羽男(中村倫也)の“石羽コンビ”が、誰にでも起こりうる珍トラブルに挑む異色のリーガル・エンターテインメント!

このたび、番組宣伝の一環として、7月6日(水)から3日間にわたって東京・渋谷のMAGNET by SHIBUYA 109 エントランスイベントスペースにて、スマホの無料充電が出来るイベントを期間限定で開催する。このイベントでは、本作の第1話で石子と羽男が挑む珍トラブル「カフェで充電したら訴えられた!」を回避してもらうべく充電コンセントを設置。さらに、“石羽コンビ”が籍を置く「潮法律事務所」の“真面目に生きる人々の暮らしを守る傘となろう。”というモットーに則り、珍トラブルに巻き込まれないための、本当にあった珍トラブルが学べる特別映像も公開する。

このスマホ充電所では、充電しながら「本当にあった珍トラブル」を学ぶことができるだけでなく、“石羽コンビ”をはじめ、登場人物たちが紹介する「ここでしか見られない特別映像」を見ることが出来る。ですが、長時間の充電にはご注意を・・・!?

■第1話あらすじ
石子(有村架純)は父・綿郎(さだまさし)が営む「潮法律事務所」で働くパラリーガル。
ある日、ぎっくり腰になった父の代理でやって来た弁護士の羽男(中村倫也)が、依頼人に対して強気な発言と独特のテンションで接する様子を見た石子は「依頼人から訴えられるのでは?」と不安を覚える。
「二度と会うことはない」と思った矢先、羽男が綿郎の采配で「潮法律事務所」に採用されたことを知る。
そんな中、羽男に相談の依頼が入った。カフェで携帯電話を充電していたら、店から訴えられたという会社員・大庭蒼生(赤楚衛二)の話を聞き、石子と羽男はそのカフェを訪れる。意気揚々と店長(田中要次)と対面した羽男だったが・・・。

■番組概要
[タイトル]金曜ドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』
[放送日時]7月8日(金)スタート 毎週金曜よる10:00~10:54(※初回15分拡大)
[公式サイト]https://www.tbs.co.jp/ishikotohaneo_tbs/
[公式Twitter]@ishihane_tbs
[公式Instagram]@ishiko.to.haneo_tbs