釣りマナー向上イベントにミキの2人が“令和と昭和の釣り師”の衣装で登場

日本釣用品工業会が、マナーを守りながら釣りをより楽しんでいただくことを啓蒙していくため「釣りマナー向上大使就任式イベント」を6月23日(木)に開催した。イベントには、芸能界屈指の釣り好きで知られ、釣りマナー向上大使に就任したミキの亜生、釣りマナー向上サポート大使に就任した昴生が登場。トークセッション、釣りマナー向上大使就任式を行ったほか、釣り用語&マナークイズに挑戦した。

日本釣用品工業会は「LOVE BLUE事業」を通じて、持続可能な釣り環境を構築できるよう取り組んでいる。コロナ禍以降釣りが人気レジャーになりつつある反面、比例してマナー問題も増加している。日本釣用品工業会では、マナーを守った上で釣りをより楽しんでいただくために、釣りマナー啓蒙活動を進めている。

今回のイベントでは、釣り好きで知られるミキの亜生が自前のウェアを着て登場したほか、昴生は、亜生が選んだ“釣りバカ日誌”のハマちゃんをイメージした衣装で登場。亜生とは対照的な衣装について聞かれた昴生は「なんですかこの令和の釣り師と昭和の釣り師みたいな恰好!マネージャーからもいじられまくったわ」とコメントし会場を沸かせた。トークセッションでは釣りや釣りマナーについて二人に質問。釣りのマナーに関するエピソードを聞かれた亜生は「本当にゴミが多いので、僕はマナーとしてゴミ袋を持参していて、目につくゴミを拾うようにしています。立入禁止区域なども事前に確認するようにしています!」とマナーを守りながら楽しむ一面が垣間見えた。

釣りにマナーがあることを知っているか聞かれた昴生は「知ってるに決まってますよ。何て言ったって僕は釣りマナー向上“サポート”大使ですからね!」と、得意気に語っていた。

その後就任式では、亜生が釣りマナー向上大使に、昴生が釣りマナー向上サポート大使に任命され、日本釣用品工業会の大村一仁からネーム入りの特注ライフジャケットが贈呈された。就任を受けて亜生から「僕は唯一の趣味が釣りで、好きなことが仕事になって本当に嬉しいです」とコメントがあり、昴生からは「ゆくゆくは亜生と二人で釣りマナー向上大使になり、父親を釣りマナー向上サポート大使に任命して家族みんなで釣りマナーを広めていきたいです」と家族で釣りマナーを向上させる大きな夢を語ってもらった。

イベントの終盤に、釣り用語やマナーに関するクイズが出題された。芸能界屈指の釣り好きとして知られている亜生はさすがの全問正解。「勉強しなくても、周りのみんなが教えてくれる言葉」と釣りコミュニティの温かさを感じるコメントを残した。昴生は聞きなれない用語にボケて回答。2問回答した後、「あと何問あるんですか、苦行だな‥!」と少し戸惑っていた様子を見せ、会場の笑いを誘った。

最後にミキの二人は「大使に就任させてもらったからには、“釣り場が綺麗になったな”と思っていただきたいです。釣りをした後のこともしっかりと考えながら楽しんでいきましょう!」と語り、イベントは幕を閉じた。