“ぷんぷんポーズ”誕生秘話も!さとう珠緒が語る人生の“ととのった”瞬間とは?

TOKYO MXで放送中の『サバンナ高橋の、サウナの神さま』(隔週木曜21:25~21:54)は、サウナ好きで知られるサバンナ・高橋茂雄が、各界のトップランナーをサウナに迎え、心身ともに”ととのった”ところで、人生の“ととのった”瞬間=「人生のターニングポイント」を伺うサウナトーク番組。
6月23日(木)放送回には、女優・タレントのさとう珠緒がゲスト出演する。

「ベビーブームの年の生まれで就職難」がきっかけという、低いモチベーションで芸能界に入ったというさとう珠緒。当初はオーディションを受けても、箸にも棒にも掛からぬ日々が続いていたそうだが、戦隊モノの役を勝ち取ってからは、グラビアを含め順調に仕事が入るようになったという。そしてちょうどその頃に、明石家さんまのラジオ番組のアシスタントという大チャンスが巡ってくることに。さんまからは、「スポーツを勉強しろよ」と毎週言われていたものの、当時グラビア撮影で月の半分以上が海外だったこともあり、ほとんど予習が出来ないまま、毎週ちんぷんかんぷんな状態で本番に臨むこととなり、まさかの「4ヶ月でクビ」に。
この事件以降、どんな現場も必ず予習をして行くようになり、仕事への取り組み方が変わるターニングポイントだったと言う。

そして、さとう珠緒の代名詞といえる“ぷんぷんポーズ”の誕生秘話も語られた。
初めて挑戦した舞台で怒っているときのジェスチャーで“ぷんぷん”を演出してもらい、それをそのままバラエティ番組でもやるようになると、次第にそれが求められるようになっていったと言う。最初から台本に組み込まれていたり、時には、明らかに的外れなタイミングで「ぷんぷんポーズやって」というカンペが出て、無理やり(ポーズを)やるしかないという状況があったり、地方の真面目な番組で“ぷんぷん”しなかったらそれはそれで、ディレクターが変な雰囲気になったり、求められる嬉しさの一方で悩みも尽きなかったとのこと。

さらに、「女性が選ぶ嫌いな女性」アンケートの第1位に2年連続で選ばれ、悩んでいた時に堺正章にかけられたある言葉で救われたというエピソードや、タレントではなく裏方のスタッフにばかりモテる話に加え、まだ“ととのっていない”こととして「独身友達が婚活を始めているのが寂しい」と言う、さとう珠緒の結婚相手の条件も大暴露!ここでしか聞けないトーク満載の30分。

【さとう珠緒コメント】
「3か月ぶりのサウナがすごく気持ちよかったです。人生のヒントがいっぱい隠されている番組だなと思いました。」

【番組概要】 ※下記内容は都合により変更となる場合があります。予めご了承ください。
【タイトル】 サバンナ高橋の、サウナの神さま
【放送日時】 6月23日(木)21:25〜21:54 <TOKYO MX1>
※スマートフォン用アプリ&Webサイト「エムキャス」で同時配信
【MC】 高橋茂雄(サバンナ)
【ゲスト】 さとう珠緒
【テーマ曲】 「やさしさに包まれたなら」作詞・作曲:荒井由実 唄:クレイジーケンバンド