舞台版「BLACK BIRD」松村優、朝倉ふゆなが役づくりについて熱く語る

27日、銀座博品館劇場で桜小路かのこ原作の舞台版「BLACK BIRD」の公開ゲネプロが開催され、公演前に出演者の松村優、朝倉ふゆな、神田聖司、太田将煕、正木郁、碕理人、横山真史が囲み取材に応じた。

会見場に現れた松村は「この舞台を大成功させて、次回、次々回と続けばと思っております」とハニカミながらあいさつ。またヒロイン役の朝倉も「たくさん匡を愛して、実沙緒ちゃんという女の子が、なぜ実沙緒なのかお客様にちゃんと伝わればいいなと思っています、本日から頑張ります」とあいさつ。

初日を迎えた気持ちを聞かれた松村は「楽しみ半分、原作好きな方々はこの作品をどう観られるのかな?」と不安の部分も明かしながら「演出のキムラさんは、お芝居としてつくってくださって、で、原作もあって二つを掛け合わせた丁度いいところを狙ってて、皆さんには原作だけじゃわからない1コマの中での表情の変化だったり、感情を伝えることを大事にしてきたので、それがしっかり伝われば良いなと思っております」と述べた。また、役作りについては「実沙緒をどれだけ愛せるかって気持ちで一杯でした。稽古中も稽古じゃないときも(朝倉と)コミュニケーションとったりして、ほぼほぼ2人で居た」と明かし、実沙緒役の朝倉が、他の人と話したりしているときは端っこの方で見守りながら「楽しそうにしやがって」とあえて思い、それが舞台に立った時に“やきもち感”として反映されていれば良いなと、かなりリアルに役作りに取り組んでいたことを明かした。

朝倉は、実沙緒役を演じるにあたり「実沙緒ちゃんは小さい頃から人には見えない物が見えてて、それによって傷ついたり、人とうまくいかなかったりで、自分の事を周りとは悪い意味で違う子だと思っていた、それでも真っすぐ育って行けたのは両親の愛だったり、匡と交わした言葉だったりとかで心の支えにしてきた。高校生になって再会して、いろいろな事に振り回されながら自分の運命を知り、それに準じていく様子がすごい子だと思う。そんな実沙緒ちゃんがいるのは匡がいるからであって、その、何とも言えないバランス感が私は好き。きっと読者の皆さんも実沙緒ちゃんの危ない感じや、フヤフヤしてる感じのところ、で匡がしっかりいてくれて、実沙緒ちゃんもそれに応える、それが大きな感情となって涙したり、笑ったりしてたんじゃないかなと思うので、舞台上でも実沙緒ちゃんのベースをしっかり持って、実沙緒ちゃんとしてしっかり成長できて行けたら良いなと思っている」と熱い思いを語った。

最後に読者の皆さんに松村から「今までやってきたことを信じて、キャストの皆さん、スタッフの皆さんを愛し信じ頑張りますので是非、素敵な作品を観にきてください」とアピールし締めくくった。(ジェイタメ編集部)

舞台版「BLACK BIRD」は、3月27日~31日まで銀座博品館劇場で上演される。